モルディブで人気の水上ヴィラ&コテージを16ホテル分一挙大特集

サンゴ礁と海が作り出した奇跡。白い砂浜に透き通った青い海のコントラストが美しい島、モルディブ。モルディブは「インド洋の宝石箱」と称され、インド洋に浮かぶ1000を超える島々と26の環礁からなる島です。モルディブという名はサンスクリット語の「Mala(花輪)」と「Dheep(島々)」を合わせた「島々の花輪」という意味があり、空から島を見ると紺碧の海の中にエメラルドグリーンの環礁が花輪のように美しく広がっているように見えます。島のリゾートに移動する際に上空から見ることができるので、透き通るブルーラグーンや環礁の美しさを楽しむことができます。モルディブのリゾートの特徴は1島1リゾートが基本であること。他の観光客を気にすることなく、プライベート感いっぱいのコテージを満喫することができます。

ココアアイランド

ココア・アイランド
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「1」~

翡翠色の美しいラグーンとモルディブでも屈指の美しさと言われているビーチをもつ小さな島に、ずらりと並ぶ伝統的なローカル船であるドーニ型の水上スイートがこのリゾートの最大の特徴といえるでしょう。
全室1棟独立型の水上ヴィラ&コテージで構成されていますが、このモルディブの会社が造った水上ヴィラ&コテージを、イギリスに本社があるコモ・ホテルズ&リゾーツが改装したのですが、オーナーがファッション業界に造詣が深いとあって、インテリアデザインは高級感があってスタイリッシュな印象です。

客室のカテゴリーはドーニをかたどったスイートが17棟で、うち9棟はロフトがベッドルームになっています。 ほかに、サイズの大きなロフト・ヴィラが10棟 、1ベッドルーム・ヴィラが4棟、2ベッドルームのコモ・ヴィラが2棟あります。 客室は全室独立型の水上ヴィラタイプです。

ココアの客室はとても広く天井が高いため開放感に溢れています。床やバリ風家具はダークブラウン、天井や壁、カーテンやファブリックは全てホワイト、ラグやクッションに挿し色を持ってくるなどとってもハイセンス。オーナーの奥様がデザイナーというだけあって、そのセンスの良さは折り紙つき。アジアの家具が効果的に配され、欧米人がアジアの家具をセンスよくインテリアしたといった趣で 落ち着いた雰囲気にまとめられています。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
ココア・アイランド特集ページへ進む >>

コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド

コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「2」~

リゾートのコンセプト は ''Nature's Best Kept Secret。「自然から賜った秘島」とでもいうのでしょうか、リゾート全体が島の自然と調和した造りになっています。
コンラッドランガリの客室は、2005年に全面改装が終わり、水上が5カテゴリー、ビーチが2カテゴリー、スパ水上が1カテゴリーと全部で8種類148室の一大リゾートに生まれ変わりました。

ランガリ島には、水上ヴィラが28棟、スーベリア水上ヴィラが12棟、デラックス水上ヴィラが8棟、そして250m2のサンセット水上ヴィラが2棟の、全50棟があります。

2011年内には全水上ヴィラのサンデッキにジャクジーが付き、室内も装い新たに生まれ変わりました。 水上ヴィラは、オーシャンビューが広がるバスルーム、ラグーンやプールへすぐ降りられるテラスが特長となっています。
デラックス水上ヴィラは、すべて西向きに建ち、サンセットビューを楽しめるロマンティックな造りに。大きなジェットバス、真水のシャワー、広々したリビングエリア、ロマンティックな天蓋付きフローティングベッドという贅沢さです。
サンセット水上ヴィラは、 2ベッドルーム、2つのバスルーム、ガラスフロア、ジェットバス、プール付きのラグジュアリー仕様です。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
コンラッド・モルディブ特集ページへ進む >>

ギリ・ランカンフシ

ギリ・ランカンフシ
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「3」~

リゾート施設のほとんどが水上という、限りなく海に近づける造りとなっています。水上の建物はすべて木造、島にある建物は真っ白に塗られた石造り。白砂のビーチと緑のヤシの木という島の自然に見事に溶け込んでいます。

全45室の水上ヴィラ&コテージは1棟独立型。全室スイートのヴィラタイプです。
客室のカテゴリーは5種類で、ヴィラ・スイートが29棟、リビングが広いレジデンスが7棟、 島とを結ぶ桟橋すらなく船で行く完全独立型のクルーソー・レジデンスが7棟、トリートメントベッドやサウナ、マシンジムが完備した2棟のスパ・スイート、そして、2室から成る1400m2のプライベート・リザーブ。 各室ごとに24時間体制で対応するプライベート・バトラーが、リゾートステイをお手伝いします。
プライベート・リザーブ以外の客室は210~ 250m2という広さ。 最新の配慮をしたインテリア。最新の設備を備えたリビング。 まさしく選ばれたセレブのためだけの優雅な休日が待っています。オープンエアのリビングを中心に、左右にベッドルームとバスルームがあります。床板の隙間やバスタブから、いつでも海を感じることができるというユニークな造りも特徴的。 プライバシーを重視したこれらの造りのおかげでお部屋のどこにいても海が見渡せるように工夫されています。 また、 調度品は全てエコにこだわったナチュラルテイストで統一。人工的なものをできるだけ排除したインテリアは、流木やバンブーなど自然素材でセンス抜群に心地良い空間を演出しています。

リビングから階段を下りると海に浮かぶサンデッキがあり、 満潮時には足元が海水に浸かる、ガラス張りの床が付いた遊び心いっぱいのテーブルも配されています。 階段を上ると屋上に出ることもできますよ。屋上のプライベートデッキから眺める景色はまた格別で、夕暮れ時には美しいサンセットが間近で望め一層ロマンティックな雰囲気に。インド洋の美しい景色を眺めながらくつろげるスペースで極上の一時を過ごせます。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
ギリ・ランカンフシ特集ページへ進む >>

フヴァフェンフシ

フヴァフェンフシ
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「4」~

自然あふれる島に造られたフヴァフェンフシリゾートのコンセプトは、「ナチュラリーモダン」。すべてに妥協を許さず、世界最高レベルの贅を尽くした施設、サービスを提供するという理念のもとに造られた極上のリゾートです。

フヴァフェンフシにあります―戸独立型の44室の客室カテゴリーは7種類あり、うち半数以上 の26棟が水上にあります。 ビーチ・コテージも含めて、全室にプライベートプールが付いている&最低でも125㎡とゆったり広々と過ごせるような贅沢な造りとなっており、細部までこだわった優雅なインテリアの客室も評判が高く、行き届いたサービスとともに上質なバカンスを演出してくれています。

西側の砂州の先に延びる水上ヴィラの客室棟は、遠浅のラグーンに面したラグーンバンガローとハウスリーフに面したオーシャンバンガローに分かれます。 ヤシの葉葺き屋根の木造というナチュラルな外観ですが、室内はうって変わって最先端のコンテンポラリーデザインのインテリアでまとめられています。バルコニーにはフヴァフェンフシならではの丸くて大きいソファが置かれていて、ソファに埋もれながら見るリゾートの風景は必見です。 また木材を組んでエアコンを目隠しするなど、徹底的にナチュラル感にこだわっている点は要注目。 客室のナチュラルな素材を見てもわかるように、モルディブの人々の財産である美しい自然を考慮した環境にやさしいリゾートです。

ベッドルームもバスルームも海に面したレイアウトで、開放感があふれます。最も小さなラグーン・バンガローでも130m2の広さ。オーシャン・バンガローは160m2で、リビングの床の一部がガラス張りになって おり、透き通った海が楽しめロマンティック。

そして、その秀逸な客室デザインの集大成ともいえるのが、水上の客室棟が並ぶ桟橋の先端にある2棟のオーシャン・パヴィリオンです。広々としたリビングの中央にプールがあり、ベランダヘと続いています。しかも、メインプールと同様、夜になると水底がライトできらめくという豪華さですよ。

ビーチフロントの客室は125m2と160m2が8棟ずつ。そして、1棟のみのビーチ・パヴイリオンは800m2もの広さ。マスターベッドルームが見晴らしのいい2階にあります。各室には専任のタクル(執事)が付いていて、24時間待機していて滞在中の細かいケアをしてくれるのもうれしいサービス。シャワールームは一部オープンエアです。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
フヴァフェンフシ特集ページへ進む >>

タージ・エキゾティカ・リゾート&スパ

タージ・エキゾティカ・リゾート&スパ
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「5」~

モルディブで一番美しいと言われるラグーンと美しい白砂のビーチ、サービスに定評のある贅沢なハイダウェイリゾートでとびっきりのパラダイスが約束されるアジアンシックを極めたエキゾティックリゾートホテルがこのタージ・エキゾテイカ・リゾート&スパ。

水上の客室には、外からは見えないマジックミラー越しに海を見渡せるバスルームも完備されています。こういった配慮に見れるようにプライベート感が高いことから根強い人気を誇る客室となっています。

島から外洋側に延びる桟橋沿いに、まるでラグーンに落ちた木の葉のように並んでいるのが、デラックス・ラグーン・ヴィラ。ソーダブルーの海に包まれた一棟独立型の水上ヴィラです。全室広々としたテラスにプライベートプール付きで、バスルームからは素晴らしいシービューが楽しめます。 ハネムーナーたちに人気が高いロマンティックな造りになっています。 桟橋の先端にあるのは驚くべき広さを誇るプレジデンシャル・ヴィラ・スイート。ラグーンを望む大きなプライベートプールがあるほか、ゆったりとしたダイニングスペースや海に張り出した水上ハンモックまで付いています。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
タージ・エキゾティカ特集ページへ進む >>

ソネバフシ・バイ・シックスセンシズ

ソネバフシ・バイ・シックスセンシズ
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「6」~

このホテルは、高級リゾートに不可欠なラグジュアリーな設備や洗練された上質な接客サービスと、周辺環境保護への配慮を怠らないエコロジー志向を両立し、滞在型マリンリゾートの新基準として世界的な人気を誇る、著名人のファンも多い隠れ家的リゾートです。

客室のカテゴリーは14種類。
そのうちプライベートプール付きの客室が65室。長さ1.4キロ、幅400メートルというモルディブにしては大きな島に客室数はわずかに65室という贅沢さがこの事実からだけでも伺えます。
広大な敷地内に点在する隠れ家の様にデザインされたヴィラ。その全てはビーチにたつビーチヴィラです。 客室のほとんどは一戸独立型で、隣の客室とは緑で隔てられた空間に建っておりプライベート感は抜群。しかも目の前はビーチというロケーションです。

ロビンソン ・ クルーソーをイメージした客室の外観と内観は、 意図的に華美な装飾を避け、 自然の中に溶け込み、 空間の贅沢さを演出しています。 ナチュラルにこだわったインテリアだけでなく、上品で大胆な色使いのクッションや女性を美しく見せる照明など群を抜くセンスが評判の室内の演出は、ここを模したリゾートもあるほど。 すべてのインテリアは、元トップモデルのエヴァ氏によるデザインで、小物から家具まで人工的なものは一切排除したこだわりぶりです。 どの客室も広々としていて、リビングルームとベッドルームが別になった2階建てだったり、それぞれが独立していたりと優雅な造りとなっています。

バスルームはオープンエア。室内にあるハンガーが木の枝だったり、引き出しの取っ手がヤシの繊維だったりと、細部にわたって人工的な物を一切使用していないのが特徴でしょう。また、イスの背もたれが魚の形をしていたり、コテージ入口にハリネズミの形をした足の砂落としがあったり、 しっくいの壁に竹の間接照明が美しい陰影を映し出したり、心あたたまる備品が配されています。

プール付きのリトリートは、某世界的アーティストが滞在したことでも知られているすばらしい客室。2005年には、大きなプライベートプールにマッサージパヴィリオン、マシンジムまで備えたジャングル・リザーブができました。専有面積が1,720 m2 (室内 700 m2)もあり、ツリーハウスやダイニングも完する、まるで小さなリゾートホテルのように広い世界のセレブリティ御用達の客室です。

ヴィラは自然素材を使った柔らかい広々とした空間で優雅に過ごせる造りですが、最新設備も備え必要なものは全て揃います。全室にDVD,CD、ミニバー、コーヒーマシン、バスタブ、セーフティボックス、スリッパ、デッキチェア、マルチプラグが備わっています。また大きな島なので、客室には自転車が用意されており、レストラン等には自転車置き場もあるので移動に苦労はしないでしょう。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
ソネバフシ特集ページへ進む >>

コンスタンス・ハラヴェリ

コンスタンス・ハラヴェリ
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「7」~

全室にプライベートプールとワインセラーが付いているというラグジュアリーリゾートで、経営するのはモーリシャスを本拠地とし、セイシェルやマダガスカルにも個性的なリゾートを展開するコンスタンス・ホテルズ。
日本では馴染みが薄いがヨーロッパ人に絶大な人気を誇るグループです。

モルディブ伝統の船「ドーニ」のようにカーブした形で、1周歩いて20分程の八ラヴェリ島は、エレガントなリゾートとして生まれ変わりました。半円形の島の西側には、島から丸いリーフの端を縁取るように水上ヴィラが緩やかな弧を描いて連なりっています。島から長く延びる桟橋は上空から眺めると圧巻の一言。モルディブ最長と言われるその約800メートルの長い桟橋の途中にはビーチが設けられ、レストラン、バーと、スパがあるという造りになっています。そのすべてにリゾートの基本コンセプトであるナチュラルエレガンスが見事に具現化されています。

客室数は86室。
そのうちの57棟が、3×4mのプライベートプール付きの水上ヴィラです。専有面積は100m2と広く、曲線をうまく使った優美なデザインになってます。遠浅のラグーンに囲まれた見た目に美しいエメラルドグリーンの景観とハスリーフでのシュノーケリングが両方楽しめる、いいとこどりのお部屋です。

ビーチ・ヴィラは、350m2のビーチ・ヴィラ20棟と、410m2の2階建てビーチ・ヴィラ8棟。どちらも3× 5mのプライベートプールと中庭のような広いバスルーム付きでなんともラグジュアリー。後者は1階にベッドルーム、2階にはリビングと眺めのいいテラスがあり、大人 4 名・又は大人 3名+小人1名、又は大人2名+小人 3名まで宿泊可能です。 2009年秋にオープンしたプレジデンシャル・ビーチ・ヴィラは700m2もの広さ。広々した庭やプールがあり、吹き抜けのリビングルームやジム&スパ用の部屋があります。大人6名+小人3名まで宿泊可能。
プレジデンシャル水上ヴィラも2011年内にオープンしました。

客室は木や大理石などを用いた快適な造りで、エアコン、ヘアドライヤー、衛星チャンネル付の42インチの液晶テレビ、DVD,Imacシステムを通じた無料WiFi接続、iPodコネクション、ボイスメール付電話、ミニバー、ミニワインクーラーがそろっています。 すべてのヴィラにプライベートプールが付き、WiFIやi-podシステムを完備。お部屋に備え付けのミネラルウォーターは毎日無料で、室内でのインターネットも無料と、至れり尽くせりのリゾートです。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
コンスタンス・ハラヴェリ特集ページへ進む >>

コンスタンス・ムフシ

コンスタンス・ムフシ
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「8」~

モルディブでは法律上、同じ環礁内に同系列・同ホテルランク(5つ星)のリゾートを建設してはならないという決まりがあります。その為、コンスタンス・ムーフシはコンスタンスグループでありながらあえて4つ星リゾートとしてOPENしています。

居心地のいい空間が広がるなか、木彫りのオブジェやアフリカンテイストの調度品など、あちらこちらに独創的なセンスが光る客室です。客室タイプは3種類で、全110棟のうち86棟が水上にあります。島の北東に延びる桟橋と西側の自砂のビーチが広がるすぐ横の浅瀬に続くのは、1棟2室になった66m2の水上ヴィラ56室。島の北西に延びる桟橋の先には、一戸独立型で94m2のシニア水上ヴィラが並びます。

いずれも自然素材をふんだんに使用したユニークな家具やインテリアがリゾート気分を演出。 スタイリシュなデザインでまとめられ、ラグーンヘと直接降りられる階段が付いた広々としたサンデッキが付いています。ふたつの大きな違いは、そのロケーションと客室サイズに加え、屋外バスルームの有無。

シニア水上ヴィラには、まるで海に浮いているかのような造りのバスタブが配されており、波の音を聞きながら優雅な時を過ごすことができるのです。また広々としたバルコニーを持ち、自然素材を生かしたつくりの中に高級感が滲み出ます。さらにシニア水上ヴィラはなんと1室大人2名+子供2名利用が可能な水上ヴィラとなっています!
島の北側に並ぶビーチ・ヴィラは、すべて一戸独立型。 自然素材をふんだんに使用し、落ち着いた雰囲気のお部屋です。 部屋から直接ビーチへ出られるテラスにはお部屋専用のハンモックが。 そんなハンモックやソファのある居心地のいいテラスの先には、モルディブを代表する美しい白砂のビーチが続きます。

全てのビーチヴィラ及び水上ヴィラには、エアコン、シ―リングファン、バスルーム、シャワー、トイレ、ヘアドライヤー、居間、無料WIFI、液晶テレビ、マックミニ(iPodコネクション、CD&DVD)、電話、ミニバー、金庫、紅茶やコーヒーのご用意と木製のテラスを完備しています。全てのシニア水上ヴィラには、上記同様の施設の他、屋外にバスタブのあるバスルーム、2つの洗面台、ハンモック付のテラスがありますよ。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
コンスタンス・ムフシ特集ページへ進む >>

フォーシーズンズ・リゾート モルディブ・アット・クダフラ

フォーシーズンズ・リゾート モルディブ・アット・クダフラ
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「9」~

このフォーシーズンズ・クダフラは、南北に細長い島にはビーチに面したビーチ・バンガロ―とビーチ・ヴィラが並び、南側にはウオーター・バンガローとウオーター・ヴィラが延びるという造りになっています。

建物は、細部まで地元の職人が現地の素材を材料に何世紀も昔から伝わる技術で築き上げたもの。
藁葺き屋根のバンガローや白い石垣を眺めながら歩いていると、さながらモルディブの村に迷い込んだようなそんな雰囲気が漂っています。

2004年末の津波で深刻な被害を受けたことを機に、改装に着手。施設全体をグレードアップさせるべく全面改装に踏み切り、津波から約1年9カ月後の2006年9月にリニューアルオープンしました。ビーチ・ヴィラは、よリビーチに近づけて再建、室内が広くなったうえにビーチが目の前になり、プライベートビーチ感が強くなりました。インフィニティエッジ構造のプール周りのメインエリアも大幅にグレードアップしたのです。

客室数は全96室で、ビーチにある客室は全室プライベートプール付き。
どの客室もたっぷりとしたスペースとセンスのいいインテリアが、フォーシーズンズならではの贅沢な造りといってよいでしょう。漆喰の壁と藁葺き屋根のバンガローで室内は天然素材を使った明るく爽やかな雰囲気になっています。 美しい自然に溶け込むように配置され、プライベート感が高いのも特徴です。

25棟のビーチ・パヴィリオンは最も小さいカテゴリーで45m2の広さだが、中庭に62m2ものサンデッキが付いています。眼前に海が広がるプール付きビーチパヴィリオン には、広々としたバレのある屋外サンデッキと専用プールがあり、熱帯植物の美しい緑が楽しめます。デイベッドと椅子も用意され、塀で囲まれた専用の屋外庭園にはエキゾチックなモルディブ式オープンエアシャワーを備えていますよ。

32棟のビーチ・バンガローは、145m2の広さを誇り白砂のビーチに直結しています。使いやすく整えられたバスルームに、プールと草葺き屋根のパビリオンを備えたデッキがあり、トロピカルガーデンを眺めるながら優雅に過ごせます。

197m2の2ベッドルーム・ロイヤル・ビーチ・ヴィラが1棟。 そして水上には、以下の3カテゴリーが用意されています。 32棟のウオーター・バンガローは、客室61m2・デッキが38m2。珊瑚礁やラグーンの上に浮かぶ高床式の水上バンガローで、プライベート感に溢れています。開放感のある広いデッキから海を眺めながら至福のひとときを過ごせるお部屋となっています。直接ラグーンへと降りることができ、ビーチ沿いに建つパビリオンとバンガローは目の前にビーチが広がる絶景のロケーション。椰子の葉葺き屋根、木の格子や白石垣など、昔から伝わる技法を用いた建築様式の建物もモルディブならではの趣が漂っています。
そのほか、4棟の1ベッドルーム・ウオーター・スイート・2棟の173m2の2ベッドルーム・ウオーター・スイートがあります。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
フォーシーズンズ・アット・クダフラ特集ページへ進む >>

フォーシーズンズ リゾート・モルディブ・アット・ランダーギラーヴァル

フォーシーズンズ リゾート・モルディブ・アット・ランダーギラーヴァル
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「10」~

フォーシーズンズリゾートモルディブ アット ランダーギラーヴァルがモルディブ2軒目のフォーシーズンズとしてオープンしたのは、2006年11月のこと。かつてココナッツ農園だった島に、「パラダイス・八イダウェイ」をコンセプトにした極上のリゾートが誕生しました。

コンセプトは「モルディブの大自然を限りなくありのままに生かす」と言うだけあってナチュラルな伝統的なモルディブのスタイル とフォーシーズンズの洗練された雰囲気が漂うリゾートです。
緑豊かなジャングルと美しい海に囲まれた比較的に大きな島には、ゆったりとスペースをとったお部屋が並び、プライバシーを確保しています。 潮風が吹き抜けるように設計された天井の高いレストランをはじめ、美しい海と島を最大限に満喫できる施設が揃っている文句なしの一流リゾートです。

ランダーギラーヴァルの客室は、自然と調和したリゾート空間に伝統的な草葺き屋根のヴィラやバンガローが全103棟。
全室―戸独立型で、サンゴを積み上げた塀と鮮やかなターコイズブルーのドアが印象的なモルディブ伝統のスタイルです。

島の北西に連なる、桟橋に沿って建てられた水上ヴィラは127~ 382m2の広さで、40棟のうち12棟にプールが付いています。 ランダーギラーヴァルの水上ヴィラはサンセット側とサンライズ側、プライベートプールの有無に分けられていて、いずれの客室も内装はシックな雰囲気になっています。
一方、ビーチ・バンガローとヴィラは、166~ 1200m2で、全室プール付き。静かなお庭やプライベートプール、ビーチへの専用出入口を設けることで、お客様のプライバシーを 重視しているため、プライベート感たっぶりでゆったり昼寝を楽しむこともできる造りです。
お勧めはビーチヴィラで、ビーチバンガローと比べて客室はより広く、屋外のプライベートプールの隣には砂が敷き詰められたリビングスペースがあります。 広々としたデッキやデイベッド付きのロフトから眺める美しいインド洋の景色は格別の一言ですよ。緑豊かな庭園があり、自然あふれる環境の中で休日を過ごすことができます。

なかでも世界のセレブの注目を浴びているのが、客室がビーチから水上へと続いている2ベッドルーム・ランド&オーシャン・スイート。屋外部分も合わせると480m2の広さで、メイドルームまで完備されているお部屋です。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
フォーシーズンズ・アット・ランダーギラーヴァル特集ページへ進む >>

リリィ・ビーチ・リゾート&スパ

リリィ・ビーチ・リゾート&スパ
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「11」~

アリ環礁南部の東側にあり、極上のサンゴが見られるハウスリーフと美しいロングビーチが両方あることで知られる島。
リリイ・ビーチ・リゾート&スパ は、その美しい島のリゾートが改装され、新たに水上ヴィラや水上スパ、ふたつ目のプールとレストランなどが加わって、2009年3月にリニューアルオープンしラグジュアリーリゾートとして生まれ変わりました。ハイセンス&ハイクオリティーでありながら、その割にリーズナブルなリリーは、モルディブを代表する人気リゾートになっています。 ちなみにアイランドハイダウェイの妹リゾートです。

デラックス水上ヴィラを囲むように珊瑚礁が広がっており、シュノーケリングが気軽に楽しめるホテルです。ハウスリーフの良さは、モルディブでも五指に入るでしょう。

客室は、水上とビーチに二種類ずつ、半水上に1種類の全5カテゴリー。客室は木目調の床にモダンな家具を配したシンプルなデザイン、現代的なデザインとモルディブ式の建築が融合したラグジュアリーな雰囲気です。

水上にある客室はすべてプライベートプール付きで、広さ126m2のデラックス水上ヴィラは入口の先のガラスの床の左右にリビングルームとベッドルームがあるユニークな造り。ベッドルームからもバスルームからも海を望むことができるようになっています。サンセット水上スイートは182m2と広々。ほかに、90m2の広さで半水上のラグーン・ヴィラと68m2のビーチ・ヴィラ、136m2のビーチ・ファミリー・ヴィラがあります。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
リリィ・ビーチ・リゾート&スパ特集ページへ進む >>

ラックス

ラックス
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「12」~

ラックスモルディブは、アリ環礁のほぼ最南端、外洋に面したリーフの上にあるリゾート。 モーリシャス中心にリゾートを展開するナイアデ・リゾートが経営するリゾートです。 長さ約1500m、幅最大300mと、細くて長い島で、モルディブのリゾート島としては比較的大きい部類に入ります。干潮時に水上ヴィラの目の前に姿を現す、砂州の美しさは見事の一言です。

元々は美しいサンドバンクが有名な「ホワイトサンズ・リゾート&スパ」という名前のリゾートでしたが、ナイアデリゾートの手で大改装が行われ2008年10月にディーバモルディブとしてリニューアルオープン。ラグジュアリーリゾートして生まれ変わりました。もともとあった水上ヴィラはバスルームとベランダを増築、島の西側に新たに水上ヴィラが造られ、さらにプール付きのビーチ・ヴィラ、プール、バーなども建てられた大改装でした。
その後2011年12月からはブランド名、ホテル名を再度リニューアル。今のラックスモルディブという名になっています。

島には、木材や石など自然素材をふんだんに使い、居心地の良さを追求した193室の客室が。
ラックス・モルディブの客室はビーチヴィラと水上ヴィラ。どの客室も木目調の落ち着いた雰囲気でゆったりと過ごすことが出来ます。

島の東側に浮かんでいるのは以前からあった71m2の水上ヴィラ46棟。モルディブの伝統的な船であるドーニを模したユニークな形が特徴的で、海を望む広々としたサンデッキが付いています。直接ラグーンに入れる水上ヴィラで、壮大なインド洋の景色を楽しめる、ハネムーナーにダントツ人気の部屋。珊瑚があり、魚も多くいます。

島の反対側の端に並ぶのは、新しく造られたプレステージ水上ヴィラ。98m2もの広さで、ベッドルームからもバスタブからも海を見渡すことができる造りとなっています。メインエリアから離れているので、プライベート感もたっぷり。静かで落ち着いた滞在ができるため、ハネムーナーたちに人気があります。最近リノベーションを施され、グラスフロアやハンモックも導入されました。

その先端にあるのは、ふたつのベッドルームとラウンジ、プライベートプールなどがある300m2のプレジデンシャル水上ヴィラ「ラックス・ヴィラ」。マスターベッドルームとゲストルーム、インフィニティプール、24時間バトラーサービスが。またラウンジの中央には、約2畳分もの大きさのガラスの床があるという豪華さです。

一方、島の中央にあるのは、緑に囲まれた70m2のジュニア・スイート48棟。そのほかビーチ沿いに95m2のビーチヴィラ4棟、中庭にプールがある116m2のプール付きビーチ・ヴィラ12棟があります。 室内のジャグジーバス、屋外バスタブ、シャワー、プールでリラックスしてください。屋外バスエリアは広々ゆったり。シャワー2か所完備しています。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
ラックス特集ページへ進む >>

ワン&オンリー・リーティラ

ワン&オンリー・リーティラ
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「13」~

2005年5月にオープンしたワン&オンリー・リーティラ・モルディブは、北マーレ環礁に位置するセレブご用足しの超高級リゾート。

リゾートの開発プロジェクトは世界各国のプロフエッショナルたちの手による。建築はアマンリゾーツでも知られるジャン・マイケル・ギャシー、ランドスケープは、アジアの有名リゾートをいくつも手がけるビル・ベンスリー62のベンスリー・デザイン・スタジオによるデザイン。モルディブに、かつてないほどの豪華なリゾートが誕生したと話題になりました。

―戸独立型の客室は、130棟のうち30棟が水上にあり、水上の2棟を含む37棟がプール付き。島の形に沿って配置されるお部屋はヴ ィラの入口手前に門があったり、ビーチ・ヴィラは間隔が20m以上離れていたりとプライバシーが確保 されています。

数あるリゾートと比べても非常にお部屋が広く、洗練されたアジアンテイストのデザインが素敵な客室内はインテリアや上質なサービス、センスの良さが感じられます。客室内は天井がおどろくほど高く、中央の引き戸を開けるとベッドルームとバスルームがひと続きになっていて、開放感たっぷり。白い壁とタイルにブラウンの家具が置かれたアジアンテイスト溢れるエレガンスな内装です。一番小さな客室で室内が79m2、大きな客室は273m2。庭などの専有スペースを含めると総面積135~322m2もの広さですよ。

また、全室にヴィラホスト(バトラー)が付いているのもセレブに人気の理由のひとつ。客室に着くと、まず、テラスでヴィラホストがアロマオイルを使ってフットバスを施してくれる。長旅のあとにはうれしいサービスでしょうね。

ビーチヴィラは、プール付または、プール無しのお部屋がありどれも十分な広さがあり、どのお部屋も目の前には美しい海が広がっています。また、さらに広いグランドビーチヴィラという部屋もありますよ。

またリーティラでの一番人気はブームの火付け役にもなったデッキから海に張り出したハンモックがある水上ヴィラ。 ここにクッションを置いてどこまでも広がるラグーンを眺めていたいと思わせてくれます。時が経つのを忘れてリラックスしてくださいね。 水上ヴィラは、ビーチヴィラと同じくプール付、無しのカテゴリーの他、グランドウォーターヴィラというお部屋の全3種類。どのお部屋も、人気の海へ降りる階段付きです。なおグランドウォーターヴィラにはプールとは別に、ジャグジー用プールもついており、目の前の海を眺めながら、のんびりと最高の贅沢を味わうことができます。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
ワン&オンリー・リーティラ特集ページへ進む >>

シックスセンシズ・ラーム

シックスセンシズ・ラーム
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「14」~

国内線で入るラーム環礁にはじめてできたリゾート「シックスセンシズ・ラーム」は、シックスセンシズ・リゾート&スパのモルディブ3つ目のリゾート。
島はラーム環礁唯一のリゾート島ということもあり、とてつもなく美しい海に囲まれています。豪華でありながら、自然そのままの姿を大切にしたナチュラル感あふれるたたずまいが印象的なリゾートです。海上の楽園という言葉がぴったりはまります。

すべて一戸独立型で全96棟。うち70棟が水上ヴィラとなっています。 各ヴィラは自然素材を用いながらもエレガントに設計されており、やわらかいけれどスタイリッシュな空間です。
インテリアはナチュラルで素朴な雰囲気ですが、それでいて音響システムやフリーWi-Fiといったハード面の室内設備が整っているのはさすがシックスセンシズといったところでしょう。

緑濃い島には隠れ家のようなビーチ・ヴィラが建ちます。ビーチ・ヴィラのうち1棟はプライベートプール付きの2ベッドルームで、屋外スペースを合わせると285m2もの広さを誇る客室です。

人気の水上ヴィラは108m2の広々とした造り。半屋外のバスルームにはガラスのバスタブがあり、その先の階段を上っていくとこぢんまりとした屋上に出られる造りになっています。さらに、海を望むサンデッキには、ゆったりとくつろげるサンベッドにソファ、さらには足元や背もたれがガラスのテーブル席(海に浮かんでいるよう!!)や海に張り出した水上ハンモックなどもあり、海風を感じながらのんびりするには最高のスペースといえるでしょう。
遊び心も忘れません。ガラス製のスケルトンバスタブはモルディブでも斬新なアイディア、さらにトイレの床の一部までもスケルトン。これは水上ヴィラならではの造りで、透明度が高いモルディブの海を上から覗いて底まで見通せるようになっています。早朝に覗くと色とりどりの魚たちが泳ぐ姿が見られることでしょう! また、プライバシー重視のため、隣のヴィラとの仕切りもしっかりしているので、気兼ねなく寛ぐことができる点も重要なポイントもしっかり押さえられています。

一方、ビーチ・ヴィラはサンデッキの代わりにビーチヘと続くガーデンがあり、バスタブやリラクゼーションスペース、屋上テラスのあるプライベートの屋外空間も充実。ナチュラル感たっぷりのベッドルーム兼リビングルームは、水上ヴィラと同一の造りになっています。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
シックスセンシズ・ラーム特集ページへ進む >>

Wリトリート&スパ・モルディブ

Wリトリート&スパ・モルディブ
~モルディブのおすすめ水上ヴィラ&コテージその「16」~

モルディブのアリ環礁に浮かぶWリトリートは極上のハウスリーフと白砂に囲まれた1周10分の小さな島です。
ここは贅沢で楽しい時間が待っているプライベートアイランド 。Wリトリート&スパ・モルディブはシェラトンやル・メリディアン、ウエスティンなどで知られるスターウッド・ホテルズが、初めてモルディブに造ったリゾート。秀逸なデザインで知られる「Wホテル」ブランド初のアイランドリゾートとなり、斬新なデザインと自然を生かしたシンプルな美しさを完璧に融合させたホテルです。

客室はビーチヴィラと水上ヴィラからなっていて、 一部のコネクティングルームを除き、一戸独立型のプライベートプール付き。そのほか、デイベッド、プラズマスクリーンTV、Wオリジナルベッドなど、優雅な休日を彩る設備が揃っています。そして特筆すべきは、カクテル作成メニューがおいてあり、セルフカクテルを楽しむことも。

Wリトリートは伝統的なモルディブ式の建物の中に現代的な内装が施され、部屋からはきらめく真っ白なビーチとターコイズブルーの穏やかな海が見渡せます。

28室のビーチ・オアシスは188m2の広さで2階建て。2階部分にはオープンエアのスペースがありビーチが見渡せますし、モルディブの民家にあるウンドーリというブランコが配され、乗ると揺られながら青々とした海が見渡せます。ベランダには大きなデイベッドやテーブルがあり、バーベキュー用グリルまで用意されています。使い勝手のいい部屋でカジュアルな雰囲気と言えるかと思います。

水上の客室カテゴリーは3種類。46室のオーシャン・オアシスは146m2の広さで、リビングとバスルームの床の一部がガラス張りになっているなど、遊び心も随所に見られれますが、ラグジュアリーな雰囲気です。広いバルコニーにはころんといたまるいソファー、海へ直接降りるはしごがついています。

桟橋の先端にある323m2のシースケープ・エスケープ3室と、492m2のオーシャン・ヘイヴン1室は、ふたつのベッドルームとリビング、そして広々としたベランダには弧を描くインフィニティプールがあるお部屋となっています。客室にプライベートプールが完備されているほか、カクテル作成メニューがおいてあり、セルフカクテルを楽しむことも。

このホテルをさらに詳しく知りたい方は、本サイトで特集しているページがありますので下記より読んでみてください。
Wリトリート&スパ・モルディブ特集ページへ進む >>
  • ハネムーンなど、絶対モルディブ旅行を失敗させたくない方へ~かならず知っておいてほしい~

    ★モルディブ旅行を成功させるポイントはホテル選びがすべて!

    とにかく、モルディブ旅行を成功させる秘訣はホテル選びです。しかし、残念なのはそのホテルの数があまりにも多く、多様なので一般の観光客では何が自分たちの求めるリゾートなのか、なにがピッタリなのか判断ができないこと。本サイトで多くのホテルの特集を組んでいますが、そういう情報に加えて旅行会社などスペシャリストのアドバイスをぜひ組み入れてホテル選びをしたいところです。

    ★モルディブではツアー会社を通した旅行予約が実はお得!

    『モルディブ旅行の予約で注意しておきたいポイントを特集しました』というページでもまとめていますが、基本的にモルディブ旅行では、モルディブ政府の方針で入国する観光客を管理する必要があるために、ホテル予約サイトでの旅行予約は好まれません。ですので料金などもかなり冷遇されています。逆に政府としてはツアー会社などを通した予約でしっかり管理を行き届かせたいので、結果的にツアー会社経由でのホテル予約が厚遇される状況が長らく続いています。結果、料金的にも最も安くお得にモルディブ旅行ができる手段がツアー会社経由での旅行となっており、ホテル予約サイトとツアー会社での予約で数万円以上1泊で差がつくこともあるんです。

    ★モルディブ旅行を扱う旅行会社は、他国と比べても群を抜いて多い!

    そういう状況ですから、日本でもモルディブ旅行を取り扱うツアー会社がひしめきあってお客様誘致に力を入れています。モルディブの場合、JTBやSTW(エスティーワールド)HISといった大手旅行代理店が必ずしも強いわけではなく、地元密着型でモルディブ政府に厚遇されやすい状況の最前線に立つ、グルービーツアーやアイランズフレイバー、ココナッツクラブといったモルディブ旅行専門のツアー会社がかなり予約競争では先に行っています。大手がいい場合も当然ありますが。

    ★後悔しない旅行には、多くの旅行会社に問い合わせが必須!

    ですので、モルディブ旅行にお得に安く、そして絶対にツアー選択を失敗したくない方は、あまたあるツアー会社から自分の理想にあったプランを選ぶ必要があるんです。そういうわけでツアー会社を選ぶ際、モルディブのツアーを扱っている旅行会社を探して、約10社にメールで問い合わせ、一番希望にあったツアーを探すなんてこともざらにあるのです。さすがに10社は多すぎに思えますが、5社くらいには問い合わせておきたいところ。それでもメールのやり取りは大変になってきますが、最高の旅行を迎えるためにここは頑張りどころです。

    ★問い合わせをしておきたい人気ツアー会社は以下!!

    ◆JTB トラベルゲート
    いわずと知れたJTB。安心のJTBとのことで現地トラブルもJTBコールセンターで解決できます。万が一のトラブルに巻き込まれた時も、日本語によるJTBのサポートは心強いですね。

    ◆アイランズフレイバー
    佐藤さんという社長さんが少数精鋭で親身に相談に乗ってリゾート選びを手伝ってくれる経験豊富な旅行会社

    ◆STW(エスティーワールド)
    とにかく安い!!そして種類が豊富な旅行会社です。STW経由でおろしているような地元密着型の旅行会社も多いようです。

    ◆ワールドエクスプローラー
    ここのツアーが比較的1番安いため、値段の相場観をとらえる意味でも問い合わせておきたい旅行会社です。

    ◆ココナッツクラブ
    ちょっと高級なツアーを求めるならココ。各ホテルの情報もかなり充実しているので参考にしたいです。

    ◆グルービーツアー
    一番人気といってもよい旅行会社。Googleで検索すると最上位にでてくるので目にする方も多いかもしれません。対応も親身で良いということで話は聞いておきたいですね。

    ★一括無料問い合わせで、複数の旅行会社に手軽に相談&料金交渉&オリジナルプラン提案を!

    ツアー会社に問い合わせることで、自分たちに最適なホテルを見つけ、そしてお得な料金で旅行し、最高のプランを提案してもらう。これが少しリゾートとして特殊な地域であるモルディブへの旅行を成功させる秘訣です。さあ、各旅行会社のメールアドレスを調べて、1社1社問い合わせのメールを送りつけましょう!!・・・

    と大変な一歩目を踏み出す前に、今の世の中は便利なサービスが続々登場しています。引っ越しなどで市民権を得ている一括見積問い合わせサービスが、旅行分野にも進出してきているんです。「タウンライフ旅さがし」というサービスで一括でツアーの相談や依頼を各旅行会社に相談できるわけですね。無料ですし使わない手はないですので、ぜひ便利なものは利用してくださいね。下記より、旅行日程や旅行での希望などを入力すれば簡単に問い合わせることが可能です。

    ※ちなみに上記でおすすめしている、グルービーツアー・STW・JTB・アイランズフレイバーの4社は上記サービスで下記より問い合わせが可能ですが、ワールドエクスプローラー・ココナッツクラブは非対応ですのでそこだけは個別に旅行会社に問い合わせをして下さい。
    無料のモルディブ旅行一括問い合わせをする >> 無料のモルディブ旅行一括問い合わせをする >>

モルディブを知る

他国との周遊特集

リゾートホテル特集

ハウスリーフが魅力でヨーロピアンに愛される
バロス・モルディブ
小島で味わうカジュアル施設。最上級のおもてなし
ココア・アイランド
2つの島で違った風景を楽しめる二刀流リゾート
コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド
シンプルなデザインに感じるモーリシャスホスピタリティ
コンスタンス・ハラヴェリ・リゾート・モルディブ
美しい自然に寄り添うオールインクルーシブ
コンスタンス・ムフシ・リゾート・モルディブ
エキゾチックデザインが息をする
フォーシーズンズ・リゾート モルディブ・アット・クダフラ
美島で至福の上質モルディブリージョナル体験を
フォーシーズンズ リゾート・モルディブ・アット・ランダーギラーヴァル
自然に溶け込む最高の贅沢。心も体も開放される
ギリ・ランカンフシ
本格オールインクルーシブの先駆け
リリィ・ビーチ・リゾート&スパ
注目の豪華モーリシャスブランド
ラックス* モルディブ
完成度の高いデザイン&サービス
ワン&オンリー・リーティラ・モルディブ
モダンとナチュラルが融合する優美な先駆デザイン
フヴァフェンフシ
サンゴ礁が元気なラーム環礁唯一のリゾート
シックスセンシズ・ラーム
ナチュラル感あふれる工夫満点ヴィラリゾート
ソネバフシ・バイ・シックスセンシズ
美味しい料理と丁寧なサービスが話題
タージ・エキゾティカ・リゾート&スパ
童心にかえる、ウィットが生きるデザインリゾート
Wリトリート&スパ・モルディブ

ページ
Top