新婚旅行前に知っておきたい!モルディブの魅力「14の鍵」を総力特集
知っておきたいモルディブの魅力

インド洋に散らばる1200もの島々からなる群島国家、モルディブ。
新婚旅行といえば、ハワイやグアム、またヨーロッパといった定番観光地にはかなわないものの、メキシコのカンクンやオーストラリアのゴールドコーストといった新興のビーチリゾートを抑え、今なお人気を誇るのがここモルディブです。

「奇跡の楽園」、モルディブの美しい風景に触れるとそんな言葉が自然と浮かんできます。

深い葦をたたえた海に環状に連なるサンゴリーフ、点々と浮かぶ砂でできた島。ヤシの木に守られた白砂のビーチは陽光を浴びてキラキラと輝き、翡翠色のラグーンから紺碧の水平線へと続く海のグラデーションは刻一刻とその表情を変えていきます。

その昔、インド洋を往来していたアラブや中国、ヨーロッパなどの人々は、こぞって島々を『真珠の首飾り」と呼びました。その理由は、上空から見下ろしたときに明らかになります。宝石のように澄んだラグーンに囲まれた島々が、二重の鎖状になって点在するその美しい光景は、今も昔も多くの人々を魅了してやまないほど美しいものです。

そんな次から次へと心を揺さぶるようなシーンを見せる大自然のドラマ。 ビーチリゾートの最高峰がこのモルディブの地にはあるんです。

このページではそんなモルディブで新婚旅行を考えている皆様に、その魅力を余すことなく伝えていこうと思います。

1島1リゾート
~知っておきたいモルディブの魅力その「1」~

モルディブは約1200もの島々で構成される国。しかもそのほとんどが1周歩いて数分、比較的大きなものでもせいぜい40分程度という小さな島ばかりです。そんな小さな島々はそれぞれにリゾートホテルの島、空港の島、刑務所の島といったようにきちんと役割が分担されており、ふたつの役割がひとつの島に同時に存在はしない決まりになっています。

リゾートもひとつの島に1軒。これがモルディブ最大の特徴である1島1リゾートというものです。ホテルが決まれば、必然的に島が決まるという構造になっているわけですね。簡単にはほかの島へ行くことはできないから、モルディプの旅はリゾート選びが決め手となってくるのです。

美しい環礁~アトール~
~知っておきたいモルディブの魅力その「2」~

長い年月を経て環状になったサンゴ礁を環礁、英語ではアトールといいます。インディゴブルーの海に浮かび上がる環礁は、宝石をつないた首飾りのようだといわれます。国名の由来がサンスクリット語で「島々の花輪」を意味するMaladvipaというのもうなずけますよね。インド洋にかけられた優美なる青い花輪は、時代を超え大自然の神秘をかいま見せてくれます。

サンドバンク
~知っておきたいモルディブの魅力その「3」~

花輪のように連なる26の環礁と、1200もの小さな島々でできたモルディブはサンドバンクの宝庫。 南国バカンスに欠かせない白砂ビーチのなかでも、特に美しいといわれるものがサンドバンク 。潮が引くにつれ、翡翠色のラグーンから姿を少しずつ現す幻の砂の島です。生まれたばかりの島は一瞬たりとも同じ表情を見せず、まばゆく白く輝き、刻々と表情を変えていきます。
ビーチの先には長い砂州が浮かび、ラグーンの上を走る一筋の道となってはかなく消えていく。そんなサンドバンクは大自然が造りだすアートと言っても差し支えないものでしょう。

サンドバンクの貸し切りやプライベートディナーをセッティングしてくれるホテルも多く、ロマンティックなビーチバカンスを過ごせます。 インド洋の楽園モルディブにて日々紡ぎだされる自然の贈り物を楽しんでくださいね。

サンドカーペット
~知っておきたいモルディブの魅力その「4」~

モルディブでは真っ白な砂を敷き詰めたサンドカーペットが基本です。リゾートのフロアにサラサラの砂を敷いたレストランやバーがあり、ビーチやサンドバンクにテーブルを置けば、天然の極上サンドカーペットになる!!素足のまま柔らかな砂の感触を味わっていただくのも素敵ではないでしょうか!!!

ラグーン
~知っておきたいモルディブの魅力その「5」~

心を解き放つブルーのグラデーション
ラグーンとは、ビーチとリーフに囲まれた浅瀬のエリアのことをいいます。
真っ白な砂地に広がるラグーンは、モルディブの島々を囲む穏やかな天然プール。リーフに向かって少しずつ少しずつ深みを増す、クリアプルーの美しさは衝撃的でしょう。底は砂地がほとんどですが、珊瑚礁や岩礁が見られることもあります。所々に小さなサンゴの根が点在し、トロピカルフィッシュが群れています。

ラグーンは浅瀬で波が穏やかなことから、小さな子供とも安心して遊ぶことができます。小さなお子さまを連れてモルディブを訪れるならば、良いラグーンのあるリゾートを選ぶようにしましょう。 大きく形の良いラグーンのあるリゾートは、良いリゾートの条件のひとつといえます。

モルディブのリゾートは1島1リゾート のため、ラグーンが観光客で溢れることもありません。遠浅のラグーンにぷかぷか浮いていると、すべてがリセットされ解放感で満たされることでしょう。何もしない贅沢に全身をゆだねる、究極のリゾートバカンスがここにあります。

サンゴ礁(ハウスリーフ)
~知っておきたいモルディブの魅力その「6」~

世界でも稀にみる豊穣の海を支えているのは、島々を形成するサンゴ礁(ハウスリーフ)です。島を囲むサンゴ礁はハウスリーフと呼ばれ、スノーケリングでも気軽に見られるのが嬉しいところ。サンゴに棲む小さな生物を中型の魚が捕食し、それを狙って大型の回遊魚が現れる。そんなリゾートのすぐ目の前の海で、生き物たちによる自然のドラマが繰り広げられているのです。

ハウスリーフがいい島=魚が多い島。
きれいなさんご礁、それに群がる熱帯魚がたくさんとまさにお花畑みたいな光景がみられます。 モルディブの良さを一番実感できるリゾートと言えるかもしれません。珊瑚の上には水上コテージが建てられないため、条件にあてはまる島は限られてくるでしょう。

モルディブといっても、島によっては遠浅のただ砂浜がきれいなだけのとこもあって、必ずしもすべての島のすぐそばでさんご礁が発達しているとも限りません。 そういうなかで、ハウスリーフがすばらしいということは、ビーチのすぐそばから、さんごがみられるということになるのです。

水上飛行機
~知っておきたいモルディブの魅力その「7」~

モルディブでは国際空港から離れたリゾートへ行くための定番交通機関ですが、水上飛行機に乗って見る、眼下に広がる環礁の美しさは必見です!
高度は比較的低い位置を一定して飛行するため、海との距離が近く、モルディブならではの海のグラデーションを飛行中堪能することができるんです。夢のような絶景が地平線の向こうまで広がりますよ!
一生に一度、乗る機会があるかないかの水上飛行機 普段では体験できない水上飛行機にもワクワクすることでしょう。 離発着は、衝撃が少なく不思議な感覚ですよ。

アイランドホッピング
~知っておきたいモルディブの魅力その「8」~

モルディブで人気のあるエクスカーションで、無人島やローカルアイランド、他のリゾートという3種類の島を訪れる内容が一般的です無人島ではシュノーケリングやランチをお楽しみ頂け、ローカルアイランドでショッピングやローカルの雰囲気をお楽しみ頂けます。

広大な海域に浮かぶ島々のうち、900以上がだれも住んでいない無人島。アイランドホッピングに参加すればそんな白砂の小島をめぐることができます。足跡一つない美しいビーチには、羽をとぉ休める海鳥、心地よい波の音に包まれながら、極上の時間を過ごしてくださいね。

なにもない海があたえてくれる寛ぎの時間
~知っておきたいモルディブの魅力その「9」~

リゾートに着いたら、心からリラックスできる自分の場所を探したいもの。それはテラスのデイベッドかもしれないし、ヤシの本にかかったハンモックかもしれません。はたまたブランコ型のソファやプールサイドのデッキチェア、バーのカウンターでもいいでしょう。バカンスの間、お気に入りの場所で過ごすほどに心地よさが増していくはずでしょうね。

海が97%を占めるモルデイブでは、どこにいてもすぐ近くに海の香りを感じられます。日差しが強くても、ちょっと木陰に入れば心地のいい潮風が優しくあなたを包み込んでくれることでしょう。風通しのいい場所に置かれたハンモックやデイベットにごろりと横になって、導かれるままに、しばし楽園の夢にまどろみたいところですね。

ラグジュアリーホテル
~知っておきたいモルディブの魅力その「10」~

青い海、白いビーチ、至福の時を体験できるラグジュアリーホテル。 世界のハネムーナーの憧れの地であり、26の環礁に約1200の島々が点在するインド洋の宝石箱と呼ばれるモルディブは、世界最高峰の高級リゾートの宝庫です。モルディブは、1つの島に1つしかリゾートが無いという贅沢な環境で、最高のホスピタリティのホテルで極上のおもてなしを受ける事ができる、プレミアムな空間がひろがるんです!
お部屋タイプやアクティビティなど個性が光るおすすめのホテルばかりですので、憧れの場所でラグジュアリーな休暇を楽しんでみてはいかがですか?

水上ヴィラ
~知っておきたいモルディブの魅力その「11」~

非現実的で日常を忘れさせてくれそうな青い海に囲まれて過ごせる水上ヴィラ。 水上ヴィラ、水上コテージ、水上バンガロー、ラグーンバンガロー、オーシャンバンガロー、呼び名はリゾートによって異なりますがいずれも海の上に建てられたお部屋のことです。一部を除きほとんどのリゾートではお部屋のテラスから直接海に降りる階段がついています。テラスでのんびり寛ぎながら、気が向いたとき、シュノーケルがしたくなったとき、いちいち陸地に戻らなくてもそのまま階段のステップ数歩で海に入れるのが魅力的。また、なによりも隔離された非日常空間で隠れ家ちっくな感じがリゾート感を増幅させますね。

そもそもの水上ヴィラの発祥の地とされるのはタヒチ。タヒチの水上ヴィラは伝統的な建築様式が基本です。 対して、ここ数年リゾート・ラッシュのモルディブでは新しいアイデアを次々と取り入れ、まるで水上ヴィラの見本市ように多種多様なヴィラが登場しています。伝統的なスタイルもあれば、コンテンポラリーなものもあります。部屋のガラス部分から海や水中が見られる作りになっていたり、部屋から海へ降りる階段があっていつでも気ままにシュノーケリングができたり、水上コテージにプライベートプールをしつらえたり、ラグジュアル化が進む一方なんですよ。

海面に反射するきらめきで目覚め、テラスからそのまま海に下りてスノーケリング、そして波音に包まれながら眠りにつく。一日中、海を近くに感じられる水上ヴィラ・ステイ。ハネムーンなど一生モノの旅に、思い出を刻むためのアニバーサリーの旅に、一度は滞在してみたい宿泊スタイルですよね。

プライベートプール
~知っておきたいモルディブの魅力その「12」~

今やモルディブの常識になりつつある、プライベートプール付きのヴィラ。海と空との一体感を味わえるようにラグーンに向かってダイナミックに突き出たインフィニティエッジのプールや、シックなダークタイルのプール、縁に囲まれたビーチヴィラにあるプライベート感満載のガーデンプール、ヴィラの敷地内部に籠るように作られたバックヤードプールなど多彩なラインナップが用意されています。快適性はもちろん、造り手の個性と遊び心が生み出す斬新なデザインも楽しみの一つでしょうね。

サンセット
~知っておきたいモルディブの魅力その「13」~

あまり知られていないのですがモルディブの夕日は、我々の知る夕日とは実は一味も二味も違っています。

モルディブのサンセットタイムには海と夕日、美しい雲以外さえぎるものは何もなく、燃えるような夕日と輝く雲、穏やかな海だけが目に入る非日常のひととき。まるで天国か楽園にいるかのような時間が流れます。そんな心が洗われるような綺麗な夕日が見られる絶景は、世界でも珍しいのではないでしょうか。一生に一度は見ておきたいレベルといえるでしょう。

水平線に沈みゆく夕日は、毎日、少しずつ違った色でドラマチックにモルディブの島々を染めていきます。ビーチに並んだデッキチェアで輝く水面を眺める人々、ビールを片手にバーから堪能する人々。迫力のサンセットはもちろん、その後に節れる艶やかなマジックアワーも楽しみの一つでしょう。薄暮れの空から色彩がなくなると、静寂に包まれた島は艶やかな夜の表情に変わていきます。

また、モルディブの多くのリゾートはサンセットクルージングを実施しています。シャンパンや軽食をつまみながら、ゆったりと日の入を待つ経験は、普段忙しい日本人にこそ体験してほしい極上の時間でしょう。沈む夕日をバックに、皆様の旅の思い出も最高なものになることは間違いありません。

青く光るナイトシー
~知っておきたいモルディブの魅力その「14」~

モルディブの北部にあるラー環礁の中の、バードゥ島(Vaadhoo island)はロマンチックな島として有名です。ブルーに光るビーチがあるのです。空には満点の星、地にはブルーの光。あまりにも幻想的なので、世界中のハネムーナーやプロポーズを考えているカップルに大人気のスポットです。
青の光はプランクトンから発せられる光です。それゆえに、いつでもたくさん見られるというわけではありません。一番の見ごろは7~11月のブライダルシーズンですね。ちなみにこのブルーの発光は、バードゥ島だけでみられるものではなく、周辺の島でもみられます。

  • ハネムーンなど、絶対モルディブ旅行を失敗させたくない方へ~かならず知っておいてほしい~

    ★モルディブ旅行を成功させるポイントはホテル選びがすべて!

    とにかく、モルディブ旅行を成功させる秘訣はホテル選びです。しかし、残念なのはそのホテルの数があまりにも多く、多様なので一般の観光客では何が自分たちの求めるリゾートなのか、なにがピッタリなのか判断ができないこと。本サイトで多くのホテルの特集を組んでいますが、そういう情報に加えて旅行会社などスペシャリストのアドバイスをぜひ組み入れてホテル選びをしたいところです。

    ★モルディブではツアー会社を通した旅行予約が実はお得!

    『モルディブ旅行の予約で注意しておきたいポイントを特集しました』というページでもまとめていますが、基本的にモルディブ旅行では、モルディブ政府の方針で入国する観光客を管理する必要があるために、ホテル予約サイトでの旅行予約は好まれません。ですので料金などもかなり冷遇されています。逆に政府としてはツアー会社などを通した予約でしっかり管理を行き届かせたいので、結果的にツアー会社経由でのホテル予約が厚遇される状況が長らく続いています。結果、料金的にも最も安くお得にモルディブ旅行ができる手段がツアー会社経由での旅行となっており、ホテル予約サイトとツアー会社での予約で数万円以上1泊で差がつくこともあるんです。

    ★モルディブ旅行を扱う旅行会社は、他国と比べても群を抜いて多い!

    そういう状況ですから、日本でもモルディブ旅行を取り扱うツアー会社がひしめきあってお客様誘致に力を入れています。モルディブの場合、JTBやSTW(エスティーワールド)HISといった大手旅行代理店が必ずしも強いわけではなく、地元密着型でモルディブ政府に厚遇されやすい状況の最前線に立つ、グルービーツアーやアイランズフレイバー、ココナッツクラブといったモルディブ旅行専門のツアー会社がかなり予約競争では先に行っています。大手がいい場合も当然ありますが。

    ★後悔しない旅行には、多くの旅行会社に問い合わせが必須!

    ですので、モルディブ旅行にお得に安く、そして絶対にツアー選択を失敗したくない方は、あまたあるツアー会社から自分の理想にあったプランを選ぶ必要があるんです。そういうわけでツアー会社を選ぶ際、モルディブのツアーを扱っている旅行会社を探して、約10社にメールで問い合わせ、一番希望にあったツアーを探すなんてこともざらにあるのです。さすがに10社は多すぎに思えますが、5社くらいには問い合わせておきたいところ。それでもメールのやり取りは大変になってきますが、最高の旅行を迎えるためにここは頑張りどころです。

    ★問い合わせをしておきたい人気ツアー会社は以下!!

    ◆JTB トラベルゲート
    いわずと知れたJTB。安心のJTBとのことで現地トラブルもJTBコールセンターで解決できます。万が一のトラブルに巻き込まれた時も、日本語によるJTBのサポートは心強いですね。

    ◆アイランズフレイバー
    佐藤さんという社長さんが少数精鋭で親身に相談に乗ってリゾート選びを手伝ってくれる経験豊富な旅行会社

    ◆STW(エスティーワールド)
    とにかく安い!!そして種類が豊富な旅行会社です。STW経由でおろしているような地元密着型の旅行会社も多いようです。

    ◆ワールドエクスプローラー
    ここのツアーが比較的1番安いため、値段の相場観をとらえる意味でも問い合わせておきたい旅行会社です。

    ◆ココナッツクラブ
    ちょっと高級なツアーを求めるならココ。各ホテルの情報もかなり充実しているので参考にしたいです。

    ◆グルービーツアー
    一番人気といってもよい旅行会社。Googleで検索すると最上位にでてくるので目にする方も多いかもしれません。対応も親身で良いということで話は聞いておきたいですね。

    ★一括無料問い合わせで、複数の旅行会社に手軽に相談&料金交渉&オリジナルプラン提案を!

    ツアー会社に問い合わせることで、自分たちに最適なホテルを見つけ、そしてお得な料金で旅行し、最高のプランを提案してもらう。これが少しリゾートとして特殊な地域であるモルディブへの旅行を成功させる秘訣です。さあ、各旅行会社のメールアドレスを調べて、1社1社問い合わせのメールを送りつけましょう!!・・・

    と大変な一歩目を踏み出す前に、今の世の中は便利なサービスが続々登場しています。引っ越しなどで市民権を得ている一括見積問い合わせサービスが、旅行分野にも進出してきているんです。「タウンライフ旅さがし」というサービスで一括でツアーの相談や依頼を各旅行会社に相談できるわけですね。無料ですし使わない手はないですので、ぜひ便利なものは利用してくださいね。下記より、旅行日程や旅行での希望などを入力すれば簡単に問い合わせることが可能です。

    ※ちなみに上記でおすすめしている、グルービーツアー・STW・JTB・アイランズフレイバーの4社は上記サービスで下記より問い合わせが可能ですが、ワールドエクスプローラー・ココナッツクラブは非対応ですのでそこだけは個別に旅行会社に問い合わせをして下さい。
    無料のモルディブ旅行一括問い合わせをする >> 無料のモルディブ旅行一括問い合わせをする >>

モルディブを知る

他国との周遊特集

リゾートホテル特集

ハウスリーフが魅力でヨーロピアンに愛される
バロス・モルディブ
小島で味わうカジュアル施設。最上級のおもてなし
ココア・アイランド
2つの島で違った風景を楽しめる二刀流リゾート
コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド
シンプルなデザインに感じるモーリシャスホスピタリティ
コンスタンス・ハラヴェリ・リゾート・モルディブ
美しい自然に寄り添うオールインクルーシブ
コンスタンス・ムフシ・リゾート・モルディブ
エキゾチックデザインが息をする
フォーシーズンズ・リゾート モルディブ・アット・クダフラ
美島で至福の上質モルディブリージョナル体験を
フォーシーズンズ リゾート・モルディブ・アット・ランダーギラーヴァル
自然に溶け込む最高の贅沢。心も体も開放される
ギリ・ランカンフシ
本格オールインクルーシブの先駆け
リリィ・ビーチ・リゾート&スパ
注目の豪華モーリシャスブランド
ラックス* モルディブ
完成度の高いデザイン&サービス
ワン&オンリー・リーティラ・モルディブ
モダンとナチュラルが融合する優美な先駆デザイン
フヴァフェンフシ
サンゴ礁が元気なラーム環礁唯一のリゾート
シックスセンシズ・ラーム
ナチュラル感あふれる工夫満点ヴィラリゾート
ソネバフシ・バイ・シックスセンシズ
美味しい料理と丁寧なサービスが話題
タージ・エキゾティカ・リゾート&スパ
童心にかえる、ウィットが生きるデザインリゾート
Wリトリート&スパ・モルディブ

ページ
Top