ラックス* モルディブ (旧ディーバ モルティブ)大特集
~モルディブのリゾートホテル~

ラックスモルディブは、アリ環礁のほぼ最南端、外洋に面したリーフの上にあるリゾート。 モーリシャス中心にリゾートを展開するナイアデ・リゾートが経営するリゾートです。
長さ約1500m、幅最大300mと、細くて長い島で、モルディブのリゾート島としては比較的大きい部類に入ります。干潮時に水上ヴィラの目の前に姿を現す、砂州の美しさは見事の一言です。

元々は美しいサンドバンクが有名な「ホワイトサンズ・リゾート&スパ」という名前のリゾートでしたが、ナイアデリゾートの手で大改装が行われ2008年10月にディーバモルディブとしてリニューアルオープン。ラグジュアリーリゾートして生まれ変わりました。もともとあった水上ヴィラはバスルームとベランダを増築、島の西側に新たに水上ヴィラが造られ、さらにプール付きのビーチ・ヴィラ、プール、バーなども建てられた大改装でした。
その後2011年12月からはブランド名、ホテル名を再度リニューアル。今のラックスモルディブという名になっています。

LUX(ラックス)にはラテン語で”光”の意味があり、訪れるお客様の人生を祝い・滞在をより明るいものにすることに焦点をおき、Island Light (アイランド ライト)という独自のコンセプトを元にお客様へサービスを提供しています。

オールインクルーシブが設定されており、広いリゾート内を存分に楽しむことができるのも大きなポイントといえるでしょう。レストランは6つ、バーは2つあり、毎日違う道を散歩しながらランチやディナーに向かうことができますよ。
またラックスは施設充実でリゾートライフを満喫出来るリゾートと言われています。
リゾート内にある古びた電話ボックスから国際電話が無料でかけられたり、レトロな自転車で移動するアイスクリーム屋さんやビーチでの映画館、毎日違う場所に出没するシークレットバーなど、滞在者がハッピーになれる工夫がリゾート内にたくさん隠されています。 カップルだけでなく、多様なゲストに対応できるよう、コネクティングルームやキッズクラブ、ティーンクラブまで完備!!

1500mもの幅をもつ島はラグーンに囲まれているため、ハウスリーフで気軽にシュノーケルというわけには行きませんが、ボートで10分程行けば絶好のポイントがあります。 ラックス・モルディブはジンベイザメの通り道であるアリ環礁南部に面した絶好のロケーションにあるため、シュノーケルやダイビングでのジンベイ遭遇率が高いのも人気のひとつですよ。とにかくアクティブに過ごしたい方におすすめのリゾートと言えるでしょう。

ゲストルーム(客室)

世界最大の魚、ジンベエザメの通り道に近く遭遇率の高い絶好のロケーションに1.5kmの細長い島。 その島には、木材や石など自然素材をふんだんに使い、居心地の良さを追求した193室の客室が。
ラックス・モルディブの客室はビーチヴィラと水上ヴィラ。どの客室も木目調の落ち着いた雰囲気でゆったりと過ごすことが出来ます。

島の東側に浮かんでいるのは以前からあった71m2の水上ヴィラ46棟。モルディブの伝統的な船であるドーニを模したユニークな形が特徴的で、海を望む広々としたサンデッキが付いています。直接ラグーンに入れる水上ヴィラで、壮大なインド洋の景色を楽しめる、ハネムーナーにダントツ人気の部屋。珊瑚があり、魚も多くいます。

島の反対側の端に並ぶのは、新しく造られたプレステージ水上ヴィラ。98m2もの広さで、ベッドルームからもバスタブからも海を見渡すことができる造りとなっています。メインエリアから離れているので、プライベート感もたっぷり。静かで落ち着いた滞在ができるため、ハネムーナーたちに人気があります。最近リノベーションを施され、グラスフロアやハンモックも導入されました。

その先端にあるのは、ふたつのベッドルームとラウンジ、プライベートプールなどがある300m2のプレジデンシャル水上ヴィラ「ラックス・ヴィラ」。マスターベッドルームとゲストルーム、インフィニティプール、24時間バトラーサービスが。またラウンジの中央には、約2畳分もの大きさのガラスの床があるという豪華さです。

一方、島の中央にあるのは、緑に囲まれた70m2のジュニア・スイート48棟。そのほかビーチ沿いに95m2のビーチヴィラ4棟、中庭にプールがある116m2のプール付きビーチ・ヴィラ12棟があります。 室内のジャグジーバス、屋外バスタブ、シャワー、プールでリラックスしてください。屋外バスエリアは広々ゆったり。シャワー2か所。

レストラン&バー

島が大きいので、レストランとバーもいくつかの場所に点在しています。レストランの充実度はモルディブトップクラスといえるでしょう。 豊富な6つのレストランが用意され、アラビック、イタリアン、和食などのバリエーションも豊富なので毎日のお食事が楽しみとなることでしょう。追加料金でのオールインクルーシブプランが人気です。

レストランを具体的に見ていきましょう。
東側の水上ヴィラヘと続く桟橋の途中には、東南アジア料理レストランのイースト、その隣には日本料理レストランのウマミとバーがあります。
イーストは水上に建つレストラン。カンボジア・インドネシア・タイ・スリランカ・中国等、アジアを代表する料理をビュッフェスタイルで楽しめるレストランです。
ウマミは水上に建つ日本食フュージョン。オープンキッチンでシェフが目の前で調理し、繊細な日本食ならではの盛り付けが大変人気。早めのご予約をお勧めします。

さらに桟橋近くにはビーチレストランのシーズンズ、レセプション横にはイタリア料理レストランのアレグリアが。
シーズンズではパスタやサンドウィッチ、グリルビュッフェ、フレッシュジュース等豊富なカジュアルメニューが揃っています。
アレグリアはモルディブでは数少ない本格的なイタリアンレストランです。世界各国から取り寄せられたセレクトワインと共に楽しめるお店です。

島のほぼ中央にあるのは、インターナショナル料理が楽しめる茅葺レストランのアイランドキッチン、シャンンバーのイル、プール&ビーチバーのヴェリ。
ヴェリはカジュアルなレストラン。定評のあるおいしい窯焼きピザ、春巻きやサンドイッチ、タパス、アペタイザーとアルコールといった軽めの食事もできます。

島西端の水上ヴィラの近くにはアラビア料理レストランのセンシズとラウンジバーがあります。
センシズ では中東やインド料理にモルディブのテイストを取り入れたユニークなインディアンオーシャンレストランです。
ラウンジバーではセレクトされた銘柄のリキュールやスピリッツを、また午後はスリランカティーや水パイプタバコを堪能できますよ。

アクティビティ

ジンベイザメツアー、シュノーケリングサファリ 、ドルフィンツアー、 朝釣り、ピクニック、プライベートカタマランセーリング、ドーニに乗ってサンセットクルーズetc.
大きな島だけにアクティビティの種類が多彩に揃っています。遠浅のラグーンは格好のマリンスポーツエリアとなっていて、スノーケリングやカヌーはもちろん、カイトサーフィンなども楽しめます。
1500mもの幅をもつラックス・モルディブはラグーンに囲まれているため、ハウスリーフで気軽にシュノーケルというわけには行きませんが、ボートで10分程行けば絶好のポイントが。ダイビングに関しては、外洋に近く、ジンベエザメが見られるスポットも近いのがうれしいところでしょう。夜には島中央にあるディスコがオープンして人が集まってきて賑やかです。

  • ハネムーンなど、絶対モルディブ旅行を失敗させたくない方へ~かならず知っておいてほしい~

    ★モルディブ旅行を成功させるポイントはホテル選びがすべて!

    とにかく、モルディブ旅行を成功させる秘訣はホテル選びです。しかし、残念なのはそのホテルの数があまりにも多く、多様なので一般の観光客では何が自分たちの求めるリゾートなのか、なにがピッタリなのか判断ができないこと。本サイトで多くのホテルの特集を組んでいますが、そういう情報に加えて旅行会社などスペシャリストのアドバイスをぜひ組み入れてホテル選びをしたいところです。

    ★モルディブではツアー会社を通した旅行予約が実はお得!

    『モルディブ旅行の予約で注意しておきたいポイントを特集しました』というページでもまとめていますが、基本的にモルディブ旅行では、モルディブ政府の方針で入国する観光客を管理する必要があるために、ホテル予約サイトでの旅行予約は好まれません。ですので料金などもかなり冷遇されています。逆に政府としてはツアー会社などを通した予約でしっかり管理を行き届かせたいので、結果的にツアー会社経由でのホテル予約が厚遇される状況が長らく続いています。結果、料金的にも最も安くお得にモルディブ旅行ができる手段がツアー会社経由での旅行となっており、ホテル予約サイトとツアー会社での予約で数万円以上1泊で差がつくこともあるんです。

    ★モルディブ旅行を扱う旅行会社は、他国と比べても群を抜いて多い!

    そういう状況ですから、日本でもモルディブ旅行を取り扱うツアー会社がひしめきあってお客様誘致に力を入れています。モルディブの場合、JTBやSTW(エスティーワールド)HISといった大手旅行代理店が必ずしも強いわけではなく、地元密着型でモルディブ政府に厚遇されやすい状況の最前線に立つ、グルービーツアーやアイランズフレイバー、ココナッツクラブといったモルディブ旅行専門のツアー会社がかなり予約競争では先に行っています。大手がいい場合も当然ありますが。

    ★後悔しない旅行には、多くの旅行会社に問い合わせが必須!

    ですので、モルディブ旅行にお得に安く、そして絶対にツアー選択を失敗したくない方は、あまたあるツアー会社から自分の理想にあったプランを選ぶ必要があるんです。そういうわけでツアー会社を選ぶ際、モルディブのツアーを扱っている旅行会社を探して、約10社にメールで問い合わせ、一番希望にあったツアーを探すなんてこともざらにあるのです。さすがに10社は多すぎに思えますが、5社くらいには問い合わせておきたいところ。それでもメールのやり取りは大変になってきますが、最高の旅行を迎えるためにここは頑張りどころです。

    ★問い合わせをしておきたい人気ツアー会社は以下!!

    ◆JTB トラベルゲート
    いわずと知れたJTB。安心のJTBとのことで現地トラブルもJTBコールセンターで解決できます。万が一のトラブルに巻き込まれた時も、日本語によるJTBのサポートは心強いですね。

    ◆アイランズフレイバー
    佐藤さんという社長さんが少数精鋭で親身に相談に乗ってリゾート選びを手伝ってくれる経験豊富な旅行会社

    ◆STW(エスティーワールド)
    とにかく安い!!そして種類が豊富な旅行会社です。STW経由でおろしているような地元密着型の旅行会社も多いようです。

    ◆ワールドエクスプローラー
    ここのツアーが比較的1番安いため、値段の相場観をとらえる意味でも問い合わせておきたい旅行会社です。

    ◆ココナッツクラブ
    ちょっと高級なツアーを求めるならココ。各ホテルの情報もかなり充実しているので参考にしたいです。

    ◆グルービーツアー
    一番人気といってもよい旅行会社。Googleで検索すると最上位にでてくるので目にする方も多いかもしれません。対応も親身で良いということで話は聞いておきたいですね。

    ★一括無料問い合わせで、複数の旅行会社に手軽に相談&料金交渉&オリジナルプラン提案を!

    ツアー会社に問い合わせることで、自分たちに最適なホテルを見つけ、そしてお得な料金で旅行し、最高のプランを提案してもらう。これが少しリゾートとして特殊な地域であるモルディブへの旅行を成功させる秘訣です。さあ、各旅行会社のメールアドレスを調べて、1社1社問い合わせのメールを送りつけましょう!!・・・

    と大変な一歩目を踏み出す前に、今の世の中は便利なサービスが続々登場しています。引っ越しなどで市民権を得ている一括見積問い合わせサービスが、旅行分野にも進出してきているんです。「タウンライフ旅さがし」というサービスで一括でツアーの相談や依頼を各旅行会社に相談できるわけですね。無料ですし使わない手はないですので、ぜひ便利なものは利用してくださいね。下記より、旅行日程や旅行での希望などを入力すれば簡単に問い合わせることが可能です。

    ※ちなみに上記でおすすめしている、グルービーツアー・STW・JTB・アイランズフレイバーの4社は上記サービスで下記より問い合わせが可能ですが、ワールドエクスプローラー・ココナッツクラブは非対応ですのでそこだけは個別に旅行会社に問い合わせをして下さい。
    無料のモルディブ旅行一括問い合わせをする >> 無料のモルディブ旅行一括問い合わせをする >>

モルディブを知る

他国との周遊特集

リゾートホテル特集

ハウスリーフが魅力でヨーロピアンに愛される
バロス・モルディブ
小島で味わうカジュアル施設。最上級のおもてなし
ココア・アイランド
2つの島で違った風景を楽しめる二刀流リゾート
コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド
シンプルなデザインに感じるモーリシャスホスピタリティ
コンスタンス・ハラヴェリ・リゾート・モルディブ
美しい自然に寄り添うオールインクルーシブ
コンスタンス・ムフシ・リゾート・モルディブ
エキゾチックデザインが息をする
フォーシーズンズ・リゾート モルディブ・アット・クダフラ
美島で至福の上質モルディブリージョナル体験を
フォーシーズンズ リゾート・モルディブ・アット・ランダーギラーヴァル
自然に溶け込む最高の贅沢。心も体も開放される
ギリ・ランカンフシ
本格オールインクルーシブの先駆け
リリィ・ビーチ・リゾート&スパ
注目の豪華モーリシャスブランド
ラックス* モルディブ
完成度の高いデザイン&サービス
ワン&オンリー・リーティラ・モルディブ
モダンとナチュラルが融合する優美な先駆デザイン
フヴァフェンフシ
サンゴ礁が元気なラーム環礁唯一のリゾート
シックスセンシズ・ラーム
ナチュラル感あふれる工夫満点ヴィラリゾート
ソネバフシ・バイ・シックスセンシズ
美味しい料理と丁寧なサービスが話題
タージ・エキゾティカ・リゾート&スパ
童心にかえる、ウィットが生きるデザインリゾート
Wリトリート&スパ・モルディブ

ページ
Top