フォーシーズンズ リゾート・モルディブ・アット・ランダーギラーヴァル大特集
~モルディブのリゾートホテル~

フォーシーズンズリゾートモルディブ アット ランダーギラーヴァルがモルディブ2軒目のフォーシーズンズとしてオープンしたのは、2006年11月のこと。かつてココナッツ農園だった島に、「パラダイス・八イダウェイ」をコンセプトにした極上のリゾートが誕生しました。

モルディブ政府がユネスコに保護を呼びかけるバア環礁は、手付かずの自然が残っており、その環礁にあるランダーギラーヴァル には、なんと2キロメートルにも及ぶラグーンが自然の形のまま残されています。その大きなラグーンにはウミガミやエイも現れるそう。

ランダーギラヴァルはマーレ国際空港から水上飛行機で30~40分に位置しますが、眼下に広がる絶景を楽しみながら手付かずの自然が残るプライベートリゾートに向かいます。リゾートに到着し、まず目に入るエントランスまで続くヤシの木は圧巻の一言。一気にリゾート気分を盛り上げてくれることでしょう。

ランダーギラーヴァル最大の特徴は、建物の外壁に昔ながらの建築資材であるサンゴを使っていること。今では採取が禁止されているのですが、2004年の津波の際に倒壊した民家で使われていたものを再利用したもので、有名建築家、ジェフリー・バワの弟子ムラッド・イスイルがデザインを手がけました。ジェフリー・バワは世界を代表するアマンリゾーツの設計に影響を与えたとされる偉大なスリランカ人建築家。

コンセプトは「モルディブの大自然を限りなくありのままに生かす」と言うだけあってナチュラルな伝統的なモルディブのスタイル とフォーシーズンズの洗練された雰囲気が漂うリゾートです。自然の美しさと豪華さ、さらにフォーシーズンズならではのサービスが融合し、多くのリピーターを惹きつけているリゾートで至福の一時を過ごしてくださいね。 夜遅いフライトでマーレに到着された場合は、フォーシーズンズ・クダフラとのコンビネーション・ステイも楽しめます。

緑豊かなジャングルと美しい海に囲まれた比較的に大きな島には、ゆったりとスペースをとったお部屋が並び、プライバシーを確保しています。 潮風が吹き抜けるように設計された天井の高いレストランをはじめ、美しい海と島を最大限に満喫できる施設が揃っている文句なしの一流リゾートです。

ゲストルーム(客室)

ランダーギラーヴァルの客室は、自然と調和したリゾート空間に伝統的な草葺き屋根のヴィラやバンガローが全103棟。
全室―戸独立型で、サンゴを積み上げた塀と鮮やかなターコイズブルーのドアが印象的なモルディブ伝統のスタイルです。

島の北西に連なる、桟橋に沿って建てられた水上ヴィラは127~ 382m2の広さで、40棟のうち12棟にプールが付いています。 ランダーギラーヴァルの水上ヴィラはサンセット側とサンライズ側、プライベートプールの有無に分けられていて、いずれの客室も内装はシックな雰囲気になっています。

一方、ビーチ・バンガローとヴィラは、166~ 1200m2で、全室プール付き。静かなお庭やプライベートプール、ビーチへの専用出入口を設けることで、お客様のプライバシーを 重視しているため、プライベート感たっぶりでゆったり昼寝を楽しむこともできる造りです。
お勧めはビーチヴィラで、ビーチバンガローと比べて客室はより広く、屋外のプライベートプールの隣には砂が敷き詰められたリビングスペースがあります。 広々としたデッキやデイベッド付きのロフトから眺める美しいインド洋の景色は格別の一言ですよ。緑豊かな庭園があり、自然あふれる環境の中で休日を過ごすことができます。

なかでも世界のセレブの注目を浴びているのが、客室がビーチから水上へと続いている2ベッドルーム・ランド&オーシャン・スイート。屋外部分も合わせると480m2の広さで、メイドルームまで完備されているお部屋です。

レストラン&バー

フォーシーズンの一番のオススメpointは『ダインアラウンド』。通常日本から夕食付きツアーの場合にはメインレストランでの食事が一般的ですが、フォーシーズンズ クダフラとランダギラバルの場合には、島内にある全てのレストランで何をどれだけ食べても大丈夫! というダインアラウンドシステムをとっています。高級リゾートのアラカルト料理を好きなだけ、楽しめます。

小さい島ですがレストランが4つもあり、イタリアンやアジア郷土料理、アラブ料理など幅広く用意され、飽きることがありません。詳しく見ていきましょう。

メインプールに隣接したメインレストランであるカフェ・ランダーは、3棟の草葺き屋根のパビリオンで構成されており、インターナショナル料理が楽しめます。朝食ビュッフェには和食の用意もあり、助かる日本人も多いようです。カフェ・ランダーの寿司&鉄板焼きカウンターはディナータイムのみのオープン。

メイン桟橋の途中の水上にある2階建てのアラビア料理レストランアル・バラカットは、レバノンやモロッコなどアラブ料理が自慢の屋上レストラン。アル・バラカットの1階のバーでは、アラビア風の水タバコ「シーシャ」を楽しむこともできるようです。

水上ヴィラ近くにあるバー・ブルーは、ラグーンとインド洋を一望しながらイタリア料理が楽しめます。インテリアはマリンテイスト溢れ、またそこから50mほど伸びる砂洲はとても幻想的。 味とともにロケーションが素晴らしく、夕刻ゆっくり過ごせたらどんなにいいかと憧れてしまうようなレストランです。

そしてフエゴ・グリルは、新鮮なシーフードとオーガニックミートが自慢のプールサイドレストラン。

スパ

滞在中にぜひ利用したいのがスパ。ランダーギラーヴァルには、水上のザ・スパと、島中央の緑の中にあるアーユルヴェディック・リトリートという、ふたつのスパがあります。スパのレセプションは共通なので、どちらのトリートメントが自分に合うか、相談しながら予約するのもいいでしょう。

アーユルヴェーダは本格的で、健康促進だけでなくストレスからの解放や若返り、腰痛改善を目的にした3?7日間に渡る個人プログラムも。アーユルヴェディック・リトリートでは、チャクラに注目したさまざまなメニューも用意されています。1メニューでも、人気なので早めの予約が肝心です。

アクティビティ

フォーシーズンズ・ランダーギラーヴァルの島内は南側にサンゴが群生しておりシュノーケルを楽しむことが出来ます。マリンスポーツの宝庫でもあり、カヤックやウィンドサーフィンなど様々なアクティビティも用意されています。緑のジャングルや白い砂浜の島をのんびり散策したり、魚がいっぱいのハウスリーフの海をシュノーケリングしたりと豊かな自然に触れられるのが魅力でしょうね。

北マーレ環礁のフォーシーズンズ・クダフラでも、環境保護活動は早くから取り組まれてきましたが、ランダーギラーヴァルでもその精神は息づいています。マリンリサーチセンターでは、海洋生物学者によるプロジェクトが進められていて、海洋テーマをとりあげたフィッシュトークが毎日開催されています。また、モルディブでは珍しくサーフィンもできる環境にあります。

  • ハネムーンなど、絶対モルディブ旅行を失敗させたくない方へ~かならず知っておいてほしい~

    ★モルディブ旅行を成功させるポイントはホテル選びがすべて!

    とにかく、モルディブ旅行を成功させる秘訣はホテル選びです。しかし、残念なのはそのホテルの数があまりにも多く、多様なので一般の観光客では何が自分たちの求めるリゾートなのか、なにがピッタリなのか判断ができないこと。本サイトで多くのホテルの特集を組んでいますが、そういう情報に加えて旅行会社などスペシャリストのアドバイスをぜひ組み入れてホテル選びをしたいところです。

    ★モルディブではツアー会社を通した旅行予約が実はお得!

    『モルディブ旅行の予約で注意しておきたいポイントを特集しました』というページでもまとめていますが、基本的にモルディブ旅行では、モルディブ政府の方針で入国する観光客を管理する必要があるために、ホテル予約サイトでの旅行予約は好まれません。ですので料金などもかなり冷遇されています。逆に政府としてはツアー会社などを通した予約でしっかり管理を行き届かせたいので、結果的にツアー会社経由でのホテル予約が厚遇される状況が長らく続いています。結果、料金的にも最も安くお得にモルディブ旅行ができる手段がツアー会社経由での旅行となっており、ホテル予約サイトとツアー会社での予約で数万円以上1泊で差がつくこともあるんです。

    ★モルディブ旅行を扱う旅行会社は、他国と比べても群を抜いて多い!

    そういう状況ですから、日本でもモルディブ旅行を取り扱うツアー会社がひしめきあってお客様誘致に力を入れています。モルディブの場合、JTBやSTW(エスティーワールド)HISといった大手旅行代理店が必ずしも強いわけではなく、地元密着型でモルディブ政府に厚遇されやすい状況の最前線に立つ、グルービーツアーやアイランズフレイバー、ココナッツクラブといったモルディブ旅行専門のツアー会社がかなり予約競争では先に行っています。大手がいい場合も当然ありますが。

    ★後悔しない旅行には、多くの旅行会社に問い合わせが必須!

    ですので、モルディブ旅行にお得に安く、そして絶対にツアー選択を失敗したくない方は、あまたあるツアー会社から自分の理想にあったプランを選ぶ必要があるんです。そういうわけでツアー会社を選ぶ際、モルディブのツアーを扱っている旅行会社を探して、約10社にメールで問い合わせ、一番希望にあったツアーを探すなんてこともざらにあるのです。さすがに10社は多すぎに思えますが、5社くらいには問い合わせておきたいところ。それでもメールのやり取りは大変になってきますが、最高の旅行を迎えるためにここは頑張りどころです。

    ★問い合わせをしておきたい人気ツアー会社は以下!!

    ◆JTB トラベルゲート
    いわずと知れたJTB。安心のJTBとのことで現地トラブルもJTBコールセンターで解決できます。万が一のトラブルに巻き込まれた時も、日本語によるJTBのサポートは心強いですね。

    ◆アイランズフレイバー
    佐藤さんという社長さんが少数精鋭で親身に相談に乗ってリゾート選びを手伝ってくれる経験豊富な旅行会社

    ◆STW(エスティーワールド)
    とにかく安い!!そして種類が豊富な旅行会社です。STW経由でおろしているような地元密着型の旅行会社も多いようです。

    ◆ワールドエクスプローラー
    ここのツアーが比較的1番安いため、値段の相場観をとらえる意味でも問い合わせておきたい旅行会社です。

    ◆ココナッツクラブ
    ちょっと高級なツアーを求めるならココ。各ホテルの情報もかなり充実しているので参考にしたいです。

    ◆グルービーツアー
    一番人気といってもよい旅行会社。Googleで検索すると最上位にでてくるので目にする方も多いかもしれません。対応も親身で良いということで話は聞いておきたいですね。

    ★一括無料問い合わせで、複数の旅行会社に手軽に相談&料金交渉&オリジナルプラン提案を!

    ツアー会社に問い合わせることで、自分たちに最適なホテルを見つけ、そしてお得な料金で旅行し、最高のプランを提案してもらう。これが少しリゾートとして特殊な地域であるモルディブへの旅行を成功させる秘訣です。さあ、各旅行会社のメールアドレスを調べて、1社1社問い合わせのメールを送りつけましょう!!・・・

    と大変な一歩目を踏み出す前に、今の世の中は便利なサービスが続々登場しています。引っ越しなどで市民権を得ている一括見積問い合わせサービスが、旅行分野にも進出してきているんです。「タウンライフ旅さがし」というサービスで一括でツアーの相談や依頼を各旅行会社に相談できるわけですね。無料ですし使わない手はないですので、ぜひ便利なものは利用してくださいね。下記より、旅行日程や旅行での希望などを入力すれば簡単に問い合わせることが可能です。

    ※ちなみに上記でおすすめしている、グルービーツアー・STW・JTB・アイランズフレイバーの4社は上記サービスで下記より問い合わせが可能ですが、ワールドエクスプローラー・ココナッツクラブは非対応ですのでそこだけは個別に旅行会社に問い合わせをして下さい。
    無料のモルディブ旅行一括問い合わせをする >> 無料のモルディブ旅行一括問い合わせをする >>

モルディブを知る

他国との周遊特集

リゾートホテル特集

ハウスリーフが魅力でヨーロピアンに愛される
バロス・モルディブ
小島で味わうカジュアル施設。最上級のおもてなし
ココア・アイランド
2つの島で違った風景を楽しめる二刀流リゾート
コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド
シンプルなデザインに感じるモーリシャスホスピタリティ
コンスタンス・ハラヴェリ・リゾート・モルディブ
美しい自然に寄り添うオールインクルーシブ
コンスタンス・ムフシ・リゾート・モルディブ
エキゾチックデザインが息をする
フォーシーズンズ・リゾート モルディブ・アット・クダフラ
美島で至福の上質モルディブリージョナル体験を
フォーシーズンズ リゾート・モルディブ・アット・ランダーギラーヴァル
自然に溶け込む最高の贅沢。心も体も開放される
ギリ・ランカンフシ
本格オールインクルーシブの先駆け
リリィ・ビーチ・リゾート&スパ
注目の豪華モーリシャスブランド
ラックス* モルディブ
完成度の高いデザイン&サービス
ワン&オンリー・リーティラ・モルディブ
モダンとナチュラルが融合する優美な先駆デザイン
フヴァフェンフシ
サンゴ礁が元気なラーム環礁唯一のリゾート
シックスセンシズ・ラーム
ナチュラル感あふれる工夫満点ヴィラリゾート
ソネバフシ・バイ・シックスセンシズ
美味しい料理と丁寧なサービスが話題
タージ・エキゾティカ・リゾート&スパ
童心にかえる、ウィットが生きるデザインリゾート
Wリトリート&スパ・モルディブ

ページ
Top