モルディブにある4大環礁・リゾートの特徴を大特集
~北マーレ・南マーレ・アリ・バア~

インド洋に散らばる1200もの島々からなる群島国家、モルディブ。
モルディブは島が海に完全に沈んだあと、リーフだけがドーナツ状に残されている部分が26あり、これが26の環礁としてモルディブ共和国を形作っています。「環礁(かんしょう)」とはサンゴ礁だけが輪のようになってつながっている状態のものですね。

モルディブ旅行に行くのであれば、この26の環礁にどのようなリゾートが散らばっているか把握しておく必要があります。このページでは主な4大環礁を説明していきますので是非チェックしてくださいね。

北マーレ環礁のリゾート
~豪華リゾートが点在する環礁~

北マーレ環礁のリゾート 出典 : http://www.vacation-ota.co.jp/

モルディブにあるリゾートは全部でおよそ100。その多くは南・北マーレ環礁、特に北マーレ環礁に集中しています。
もともと早くからリゾート開発が進められていた場所ですが、なかでも環礁の南半分のエリアは、マーレ国際空港からのアクセスのよさも手伝って次々とリゾートが建設されていったエリアです。

ダイバーにとっても、リゾート開発とともに数多くのダイビングスポットが発見されているこのエリアは魅力的ですよ。古くからダイビングスポットが開拓されてきており、オーバーハングやケーブがたくさんあり、ときに潮流が速くなるため、マンタやヨスジフエダイ、イソマグロやロウニンアジなどの大型回遊魚も大いに期待できるポイントです。

首都マーレや国際空港がある島も北マーレ環礁にあり、日本から飛行機で夜に到着しても、その日のうちにリゾートに入ることができるのもこの環礁にあるりリゾートの魅力です。北マーレ環礁のほとんどと南マーレ環礁全体へは、マーレ国際空港から10分~1時間20分でアクセスすることができますよ。南マーレ環礁に向かうスピードボートは海流の影響で揺れますが、北マーレ環礁への船は安定してますので船が苦手な方にお勧めです。

日本からの航空便が到着するのは夜になります。その日のうちにリゾートに入ることができるのは船の移動でむかえる立地こそと言えるでしょう。少しでもリゾートでの滞在時間を長くしたいという旅行者にとって重要なポイントといえると思います。

充実した施設、豊富なダイビングスポット、そして空港からのアクセスと3拍子揃つたリゾートを望むのであれば、このエリアが一番と言えるでしょう。もちろん、島の雰囲気、ビーチやハウスリーフのよし悪しなども考慮しなければならないのですが。リゾートの性質がバカンスのすべてを決定づけてしまうだけに、リゾート選びは特に慎重に行っていきたいですね。

北マーレ環礁の主なリゾートホテル

南マーレ環礁のリゾート
~北マーレに次いでリゾートが充実~

南マーレ環礁のリゾート 出典 : http://www.vacation-ota.co.jp/

南マーレ環礁には、約20ものリゾートがあります。そのうち、日本人にもなじみのリゾートは半数ほど。割合としては高いほうでしょう。その多くは設備のしっかり整った豪華リゾートで、環礁北部と東南の環礁縁に固まっています。いずれも周辺には有名なダイビングスポットが集中しているので、ダイバーにとっては格好のロケーションと言えるでしょう。日本人ダイバーが多く集まるリゾートが多いエリアで、外洋に突き出たコーナーから流れが強い分、グレイリーフシャークやイソマグロ、マンタやジンベエに出会える可能性もあります。

小さな環礁だけに、北部のリゾートでは北マーレ環礁のスポットヘ、南部のリゾートではヴァーヴ環礁まで潜りに行くこともあるので、ちょっと得した気分になれますよ。
南・北マーレ環礁の境はヴァドゥーチャネルと呼ばれる水路になっており、時期によってはかなり海が荒れます。空港からの船は必ずこのヴァドゥーチャネル を越えなければならないが、環礁北部のリゾートならスピードボートで10~ 20分程度で行くことができます。南部は少々遠くなるが、それでも1時間ほどで着きますよ。

なお、北マーレ環礁でも同じことがいえるのですが、東側の環礁縁に並ぶ島々の名前には「~フシ」、「~フィノール」と付くものが多いです。ディベヒ語で「細長い」、あるいは「長く延びた砂州」といった意味です。長くて遠浅のビーチのある島を望むのなら、これらの名前が付いたリゾート島がベストといえるでしょう。

南マーレ環礁の主なリゾートホテル

アリ&ラスドゥ環礁のリゾート
~素朴なナチュラルリゾートも多い~

アリ&ラスドゥ環礁のリゾート 出典 : http://www.vacation-ota.co.jp/

アリ環礁の、リゾート島の数は30にのぼります。以前は空港からのアクセスの悪さで日本人にはあまり縁がなかったのですが、船足の速いスピードボートや、水上飛行機という空の足の普及にともない、ぐんと行きやすくなりました。水上に水上飛行機離発着用のフロートも次々と整備され、今や南・北マーレ環礁とほとんど同じような感覚でリゾートを選ぶことが可能になっています。

日本からの飛行機はマーレに夜に到着するため、その日のうちに水上飛行機で移動することはできないのですが、夜間でもスピードボートの手配をしてくれるリゾートもありますよ。天候に左右されやすいという点も加味し、気持ちと日程の余裕をもって出かけてほしい環礁ではあります。

ダイビングも盛んです。南北マーレ環礁に潜り飽きたダイバーたちが、新天地を求めて開拓したのがアリ環礁になっているので、魚影の濃さや種類の多さはモルディブの中でも飛び抜けていると言われています。また環礁南部は、ジンベエザメに会えるスポットとして特に人気です。運が良ければ水中で会えるのですが、ジンベエスイムで見るのが一般的ではあります。ジンベエを発見したらクルーが船を近づけてくれるので、勇気をもって飛び込みましょう!


ラスドゥ環礁は、行政区分としてはアリ環礁に含まれる小さな環礁。この環礁にはふたつのリゾート島があります。
そのうちの1島のクラマティは、幅約500m、長さ1.8kmに及ぶ、モルディブでも最大規模の島。この環礁には大物を狙える人気のダイビングスポットがあるため、アリ環礁北部のリゾートからダイビングボートがランチ持参で1日かけてやってきたりする環礁です。

アリ環礁の主なリゾートホテル

バア環礁
~隠れ家的高級エコリゾート~

バア環礁 出典 : http://www.vacation-ota.co.jp/

マーレから北西約120km、水上飛行機で約30分~45分の距離に位置しアリ環礁のさらに北にあります。 環礁内には40の無人島と10の有人島が点在しています。バア環礁で最初にオープンしたデラックスリゾート、ソネバフシ以来人気が高まり、フォーシーズンズ・ランダーギラヴァルなどを筆頭に高級エコリゾートが多く、環境保護にも力を入れている環礁です。 アリ環礁と同じく、マーレ空港からは水上飛行機での移動になります。アクセスはほとんど不自由ないレベルとなりつつありますので、手付かずの海や穴場リゾートを求めて、これらの環礁を訪れる人たちが急増中なようです。 また近年、マンタが何百尾と捕食のために乱舞する行動が見られると話題になった環礁でもあります。雨季の後半(7~11月頃)はこうしたマンタや、ジンベエザメが現れることもありますよ。

バア環礁の主なリゾートホテル

  • ハネムーンなど、絶対モルディブ旅行を失敗させたくない方へ~かならず知っておいてほしい~

    ★モルディブ旅行を成功させるポイントはホテル選びがすべて!

    とにかく、モルディブ旅行を成功させる秘訣はホテル選びです。しかし、残念なのはそのホテルの数があまりにも多く、多様なので一般の観光客では何が自分たちの求めるリゾートなのか、なにがピッタリなのか判断ができないこと。本サイトで多くのホテルの特集を組んでいますが、そういう情報に加えて旅行会社などスペシャリストのアドバイスをぜひ組み入れてホテル選びをしたいところです。

    ★モルディブではツアー会社を通した旅行予約が実はお得!

    『モルディブ旅行の予約で注意しておきたいポイントを特集しました』というページでもまとめていますが、基本的にモルディブ旅行では、モルディブ政府の方針で入国する観光客を管理する必要があるために、ホテル予約サイトでの旅行予約は好まれません。ですので料金などもかなり冷遇されています。逆に政府としてはツアー会社などを通した予約でしっかり管理を行き届かせたいので、結果的にツアー会社経由でのホテル予約が厚遇される状況が長らく続いています。結果、料金的にも最も安くお得にモルディブ旅行ができる手段がツアー会社経由での旅行となっており、ホテル予約サイトとツアー会社での予約で数万円以上1泊で差がつくこともあるんです。

    ★モルディブ旅行を扱う旅行会社は、他国と比べても群を抜いて多い!

    そういう状況ですから、日本でもモルディブ旅行を取り扱うツアー会社がひしめきあってお客様誘致に力を入れています。モルディブの場合、JTBやSTW(エスティーワールド)HISといった大手旅行代理店が必ずしも強いわけではなく、地元密着型でモルディブ政府に厚遇されやすい状況の最前線に立つ、グルービーツアーやアイランズフレイバー、ココナッツクラブといったモルディブ旅行専門のツアー会社がかなり予約競争では先に行っています。大手がいい場合も当然ありますが。

    ★後悔しない旅行には、多くの旅行会社に問い合わせが必須!

    ですので、モルディブ旅行にお得に安く、そして絶対にツアー選択を失敗したくない方は、あまたあるツアー会社から自分の理想にあったプランを選ぶ必要があるんです。そういうわけでツアー会社を選ぶ際、モルディブのツアーを扱っている旅行会社を探して、約10社にメールで問い合わせ、一番希望にあったツアーを探すなんてこともざらにあるのです。さすがに10社は多すぎに思えますが、5社くらいには問い合わせておきたいところ。それでもメールのやり取りは大変になってきますが、最高の旅行を迎えるためにここは頑張りどころです。

    ★問い合わせをしておきたい人気ツアー会社は以下!!

    ◆JTB トラベルゲート
    いわずと知れたJTB。安心のJTBとのことで現地トラブルもJTBコールセンターで解決できます。万が一のトラブルに巻き込まれた時も、日本語によるJTBのサポートは心強いですね。

    ◆アイランズフレイバー
    佐藤さんという社長さんが少数精鋭で親身に相談に乗ってリゾート選びを手伝ってくれる経験豊富な旅行会社

    ◆STW(エスティーワールド)
    とにかく安い!!そして種類が豊富な旅行会社です。STW経由でおろしているような地元密着型の旅行会社も多いようです。

    ◆ワールドエクスプローラー
    ここのツアーが比較的1番安いため、値段の相場観をとらえる意味でも問い合わせておきたい旅行会社です。

    ◆ココナッツクラブ
    ちょっと高級なツアーを求めるならココ。各ホテルの情報もかなり充実しているので参考にしたいです。

    ◆グルービーツアー
    一番人気といってもよい旅行会社。Googleで検索すると最上位にでてくるので目にする方も多いかもしれません。対応も親身で良いということで話は聞いておきたいですね。

    ★一括無料問い合わせで、複数の旅行会社に手軽に相談&料金交渉&オリジナルプラン提案を!

    ツアー会社に問い合わせることで、自分たちに最適なホテルを見つけ、そしてお得な料金で旅行し、最高のプランを提案してもらう。これが少しリゾートとして特殊な地域であるモルディブへの旅行を成功させる秘訣です。さあ、各旅行会社のメールアドレスを調べて、1社1社問い合わせのメールを送りつけましょう!!・・・

    と大変な一歩目を踏み出す前に、今の世の中は便利なサービスが続々登場しています。引っ越しなどで市民権を得ている一括見積問い合わせサービスが、旅行分野にも進出してきているんです。「タウンライフ旅さがし」というサービスで一括でツアーの相談や依頼を各旅行会社に相談できるわけですね。無料ですし使わない手はないですので、ぜひ便利なものは利用してくださいね。下記より、旅行日程や旅行での希望などを入力すれば簡単に問い合わせることが可能です。

    ※ちなみに上記でおすすめしている、グルービーツアー・STW・JTB・アイランズフレイバーの4社は上記サービスで下記より問い合わせが可能ですが、ワールドエクスプローラー・ココナッツクラブは非対応ですのでそこだけは個別に旅行会社に問い合わせをして下さい。
    無料のモルディブ旅行一括問い合わせをする >> 無料のモルディブ旅行一括問い合わせをする >>

モルディブを知る

他国との周遊特集

リゾートホテル特集

ハウスリーフが魅力でヨーロピアンに愛される
バロス・モルディブ
小島で味わうカジュアル施設。最上級のおもてなし
ココア・アイランド
2つの島で違った風景を楽しめる二刀流リゾート
コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド
シンプルなデザインに感じるモーリシャスホスピタリティ
コンスタンス・ハラヴェリ・リゾート・モルディブ
美しい自然に寄り添うオールインクルーシブ
コンスタンス・ムフシ・リゾート・モルディブ
エキゾチックデザインが息をする
フォーシーズンズ・リゾート モルディブ・アット・クダフラ
美島で至福の上質モルディブリージョナル体験を
フォーシーズンズ リゾート・モルディブ・アット・ランダーギラーヴァル
自然に溶け込む最高の贅沢。心も体も開放される
ギリ・ランカンフシ
本格オールインクルーシブの先駆け
リリィ・ビーチ・リゾート&スパ
注目の豪華モーリシャスブランド
ラックス* モルディブ
完成度の高いデザイン&サービス
ワン&オンリー・リーティラ・モルディブ
モダンとナチュラルが融合する優美な先駆デザイン
フヴァフェンフシ
サンゴ礁が元気なラーム環礁唯一のリゾート
シックスセンシズ・ラーム
ナチュラル感あふれる工夫満点ヴィラリゾート
ソネバフシ・バイ・シックスセンシズ
美味しい料理と丁寧なサービスが話題
タージ・エキゾティカ・リゾート&スパ
童心にかえる、ウィットが生きるデザインリゾート
Wリトリート&スパ・モルディブ

ページ
Top